美白、ニキビ・毛穴ケア、アンチエイジングに最適「ビタミンC誘導体(APPS)配合ローション」のすすめ

アンチエイジングに最適
出典:GODMake.

皆さんは「ビタミンC誘導体(APS)ローション」を使ったことはありますか? ビタミンC誘導体(APS)ローションは、美白やニキビ・毛穴ケア、シワ予防・改善などのアンチエイジング効果が期待できるとして、美容に関心の高い方々から支持されている化粧水です。

ビタミンC誘導体(APS)ローションはドラッグストアでも購入できますが、確実な効果を得たいのであれば、一般皮膚科や美容皮膚科で高濃度のビタミンC誘導体(APS)ローションを購入することがおすすめ。

当記事でははわたしが試してきたビタミンC誘導体(APS)ローションのなかでも、世田谷の用賀皮膚科で購入できる「高濃度ビタミンCローション」を本音でレビューします。

そもそも「ビタミンC誘導体(APS)配合ローション」って何?

「ビタミンC誘導体(APS)配合ローション」って何?
出典:GODMake.

美肌のためにビタミンC(アスコルビン酸)が重要であることはもはや周知の事実。ビタミンCは活性酸素を除去し、ニキビの色素沈着を予防したり、シミやそばかすのもととなるメラニン色素を抑制するなど、様々な美肌効果が期待できる成分です。

しかしながら、残念なことにビタミンCは肌に吸収されにくい性質。安定性が低く、空気に触れるとたちまち酸化してしまいますし、水に溶かすと活性が失われてしまうので、ビタミンCの美肌効果を最大限に得るためには、いかに皮膚内へとその成分を届けて活性化できるかがポイントになります。

こうしたビタミンCのデメリットを改善したものが、ビタミンC誘導体になります。ビタミンC誘導体は従来のビタミンCに比べて角質層への浸透率がアップしており、さらに長時間に渡って活性を持続するため、美肌効果が高い成分なのです。

当記事で取り上げるAPS(アスコルビルリン酸Na、リン酸アスコビル3Na)は水溶性タイプのビタミンC誘導体。皮膚に塗布すると角質層内まで浸透してビタミンCとなるため、活性を維持しやすいという特徴があります。ちなみに、そんなビタミンC誘導体を遥かに凌ぐ浸透性を持つのが、APPS(パルミチン酸アスコルピルリン酸3Na/アプレシエ)です。

従来のビタミンC誘導体は皮膚の表皮までにしか到達しませんが、APPSは水溶性ビタミンC誘導体の一種であるリン酸型ビタミン誘導体にパルミチン酸を付加することで、親油性と親水性を獲得したハイブリッド型の新ビタミンC誘導体。

従来のビタミンC誘導体に対して100倍以上の浸透性を持つため、皮膚に塗布すれば有効成分が真皮にまで到達します。

そんなAPPSを配合した化粧水は、APPSの濃度が低くても美肌効果を存分に発揮するうえ、即効性と持続性を兼ね備えている優れものです。

APSローションで得られる効果とは?

APSローションで得られる効果とは?
出典:GODMake.

APSローションを皮膚に塗ると、次のような美肌効果を得ることができます。

  • 抗酸化作用で活性酸素を除去し、お肌のキメを整える
  • お肌の透明感アップ
  • シミやそばかすのもととなるメラニン色素の生成を抑制する
  • 過剰な皮脂分泌を抑制し、毛穴を引き締めてニキビを予防・改善する
  • 毛穴の黒ずみやニキビ跡を目立たなくする
  • 乾燥小ジワの改善

用賀皮膚科の「高濃度ビタミンCローション」を使ってみた!

用賀皮膚科の「高濃度ビタミンCローション」を使ってみた!
出典:GODMake.

もともと、表参道のタカミクリニックで販売されている「タカミクリニック院内処方APSローション」を使っていたわたし。その効果は絶大で、1ヶ月も使用すれば顔全体の黄ぐすみが飛び、ワントーンアップしたお肌に。

また内側からふっくらするようなハリ感があり、お肌自体が柔らかくなったような印象を受けました。これは「一生使いたい!」と思ったものの、実は1本あたり80ml(約1ヶ月分)で7,500円(税抜)となかなかお高めなのです。

そこでインターネットでより安価なAPSローションを探した結果、世田谷の用賀皮膚科のホームページにたどり着きました。用賀皮膚科で販売されている「高濃度ビタミンCローション」は45ml(約2~3ヶ月分)で2,000円(税抜)と格安。

それなのにAPS(リン酸アスコルビン酸ナトリウム)が10%の高濃度で配合されているというから驚きです。ということで、実際に用賀皮膚科を受診して「高濃度ビタミンCローション」を購入してきました。

三種の神器!APSローションにヒアルロン酸とプラセンタ原液を混ぜて……

三種の神器!APSローションにヒアルロン酸とプラセンタ原液を混ぜて
出典:GODMake.

用賀皮膚科で購入できる「高濃度ビタミンCローション」は単品使いはもちろんのこと、保湿のために「ヒアルロン酸原液」や「プラセンタ原液」を混ぜることが推奨されています。

お肌を保湿し乾燥小ジワを防ぐ「ヒアルロン酸原液」が12ml 3,000円(税抜)、お肌を保湿し活性化させる「プラセンタ原液」が1ml 2,500円(税抜)。「高濃度ビタミンCローション」3~4滴に対し、それぞれワンプッシュ分を混ぜて全顔に塗布するだけ。

これを朝晩続けておよそ一ヶ月。一番実感があったのは、ニキビができにくくなったこと。生理前はホルモンバランスが乱れて角質が溜まりやすくなるため、フェイスラインに赤いニキビが出来やすいのですが、「高濃度ビタミンCローション」を使っていると、お肌のコンディションが乱れにくいように思います!ただし、美白効果についてはいまひとつ。

「タカミクリニック院内処方APSローション」は2週間目くらいから驚くほどのくすみ抜けを実感しましたが、今回の「高濃度ビタミンCローション」では大幅な変化を感じることはできませんでした。

しかし、APSを10%の高濃度で配合した化粧水が2,000円(税抜)で購入できるのはやっぱりお財布に嬉しいポイントです。

APSローションの購入を検討している方で、なるべくお安いものをお探しであれば、用賀皮膚科の「高濃度ビタミンCローション」がおすすめです。

情報提供元:GODMake
記事名:「【本音レビュー】用賀皮膚科の高濃度ビタミンCローションを使ってみた