目元が老ける原因って?

①クレンジングによる摩擦

クレンジングによる摩擦
出典:GODMake.

目元が老けたと感じるのにはいくつか原因があり、それは日頃の習慣や癖なども影響しています。

まずはクレンジングによる摩擦が考えられます。毎日メイクを落とす時、ゴシゴシと強くこするようにやっていてはNG。ウォータープルーフや濃いアイメイク、疲れて手早くメイクオフしたい時は力を入れてしまいやすくなりますが、とてもデリケートな目元は強い刺激を与えてしまうと、クマやくすみの原因となってしまいます。

②血行不良

血行不良
出典:GODMake.

体質的に冷え性の人、またパソコンやスマホを使い続けて目を酷使してしまうと、目元の血行不良が発生してしまいます。眼精疲労によって血液の流れが悪くなり、結果的に血行不良に陥ってしまうのです。

血行不良になると、シワやクマなどを引き起こしてしまうので要注意。また紫外線の次に強いエネルギーを持つと言われるブルーライトは、肌を老化させる原因とも言われています。

③乾燥

乾燥
出典:GODMake.

乾燥はお肌の大敵と言われていますが、目元においては特に言えること。目元の皮膚は特に薄く、また皮脂膜も少ないため乾燥しやすい部分。目元の保湿が足りていないと、皮脂膜が少ないためすぐに蒸発して乾燥してしまいます。

元々の肌質や乾燥しやすい季節であると、さらに目元にハリがなくなり、老けたように感じてしまうのです。

④筋力の低下

筋力の低下
出典:GODMake.

歳を重ねるにつれ衰えてくる筋力。これは目元にも言えることで、目の周りにある眼輪筋が衰えると、たるみを引き起こしたり肌にハリがなくなってしまいます。そのため老化を加速させないためにも、意識的に眼輪筋を鍛える必要があるのです。

目元を老けさせない!対策とは?

保湿を徹底

保湿を徹底
出典:GODMake.

ではどんなことをすれば、ハリのある潤いに満ちた若々しい目元を手に入れられるのでしょうか?まず徹底しておきたいことが保湿。スキンケアで保湿をしっかり行うことは、美容においてはごく当たり前のことではありますが、老けを感じやすい目元はより入念に保湿することを心掛けましょう。

保湿のポイントは、水分と油分どちらもきちんと与えてあげること。たっぷり化粧水で保湿をしても、そのあとフタの役割を持つ乳液やクリームを付けないと、せっかく与えた水分がどんどん蒸発してしまい、乾燥してしまいます。そのため水分で潤いを与えたあとは、油分で肌を覆ってあげることを忘れずしておきましょう。

目元を集中的にケアするなら、アイクリームを使うことがおすすめ。肌全体を保湿したあとピンポイントでケアをすると、しっとりとした潤いのある目元を手に入れることができます。

摩擦や刺激を与えない

摩擦や刺激を与えない
出典:GODMake.

クレンジングによる摩擦は目元を老けへと導く原因ということをお伝えした通り、目元に刺激を与えることは極力避けるようにしましょう。かといってアイシャドウやアイラインが残ったままだと色素沈着の原因ともなるので、メイクはしっかり落とす必要があります。

メイクオフのコツは、ポイントメイクリムーバーを浸したコットンを目に乗せ、しばらく放置します。そうするとするっとメイクが取れ、ゴシゴシしなくてもメイクを落とすことができますよ。

そのほかにも、目元にクリームを塗る時に強い力で塗り込むようにしてしまうと、ケアをしているつもりが刺激を与えすぎていることになり、本末転倒です。やさしく滑らす感覚で塗るようにしましょう。ポイントは赤ちゃんの肌や豆腐に触れるような力加減がベストです。

また目をこすったり、必要以上に目元を触る行為もよくありません。デリケートな目元は、最小限の力で最低限触れるくらいにとどめておくようにしましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠
出典:GODMake.

老けて見られたり疲れて見られるクマ。クマはコンシーラーで隠すことができますが、根本的にクマを撃退することが大切です。そのためには良質な睡眠がカギとなります。

ついやりがちなベッドでのスマホいじり。ですが寝る前にスマホを見ることはやめましょう。スマホから放たれるブルーライトは、良質な睡眠の邪魔をしてしまいます。体内時計が狂ってしまったり新陳代謝を悪くすることも。それらは肌の老化につながるため、寝る前はスマホを見ることはやめ、リラックスできる空間を整えて7時間~8時間くらいは睡眠をとるようにしましょう。

紫外線対策

紫外線対策
出典:GODMake.

紫外線は肌を一気に老けさせる原因とも言われています。ましてや皮膚の薄い目元には、かなりの大ダメージを与えてしまうことに。これからの季節、ますます強くなる紫外線は、徹底してブロックするようにしましょう。

ですが顔はメイクをしているので、どうしてもこまめな塗りなおしがしにくいもの。そんな時はお直しで使うファンデーションやパウダーに日焼け止め効果のあるもの、またスプレータイプの日焼け止めやスティックタイプの日焼け止めなら、メイクの上からでも塗りなおしやすいです。目の周辺も丁寧に塗ってください。

また下地やファンデーションに日焼け止め効果があっても、本来使うべき適正量に満たないため、スキンケアの後に日焼け止めを仕込んでおくことは必須です。クリームタイプならパール粒1個分、液体タイプなら1円玉硬貨大を目安に使うようにし、これをもう一回繰り返して塗ることが正しい量となります。

丁寧&やさしくがポイント

丁寧&やさしくがポイント
出典:GODMake.

目元がたるんできたり、小ジワが目立つようになってくると、そろそろエイジングケアをするサインと捉えた方が良いでしょう。またクマや色素沈着は実年齢よりも老けて見られる可能性が高いので、健康的なハリのある目元を目指したいものです。

そのためには日頃のケアを入念に行い、刺激を与えないようやさしく触れるようにしましょう。目元が疲れた時はブレイクタイムをはさんで、ホットタオルなどで温めてあげたり、こすらないようにマッサージをするのも効果的です。

目力のある美しい目元をいつまでもキープできるように頑張りましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「「ヤバイ、目元が老けてきた!?」その原因と対策方法とは?