知らないうちに「オバサン認定」されているかも……。いますぐやめるべきNGメイク4選

①首と色が違う……?「ベースメイク」の白浮き

「ベースメイク」の白浮き
出典:GODMake.

美肌の条件としてあげられることも多いのが「色白肌」。日ごろのスキンケアでも美白ケアは外せない、という人も多いのではないでしょうか。

メイクで少しでも色白さんに見られたいがために、ファンデーションは自分の肌より少し明るめのトーンを選んでしまいがち……。しかし、やりすぎはオバサンメイク認定されてしまうポイント。首の色と顔色に差があると、不自然なのに加えて、とたんに老け見えフェイスになってしまいます。

ファンデーションを選ぶ際には、カウンターで試すだけでなく、一度日光のもとでチェックするのが無難かもしれません。

また、トーンだけでなく厚塗りもオバサン見えしてしまう原因に。過度なお直しもやぼったく見えてしまうことがあるので、余分なメイクはオフするのが鉄則。

アラサーからは、ナチュラルメイクを意識して、ファンデーションはうすめにのせることをおすすめします。

②人相悪すぎ……「極細眉毛」&違和感のある「太すぎ眉毛」

「極細眉毛」&違和感のある「太すぎ眉毛」
出典:GODMake.

アラサー女子のなかには、昔にはやった極細眉の名残を引きずっている人も少なくないはず。これは、とたんに古臭さをかもし出す原因になってしまいます。細すぎる眉は、人相まで悪く見せてしまうことも……。

また、太すぎる直線眉もよく見かけますが、こちらは、なんだからやぼったい印象に。不自然につくられた眉毛は時代遅れ感がいなめません。

トレンドは、自眉毛を活かした太めのストレート眉です。アイブロウペンシル(パウダー)は、髪の毛の色より少し明るめのカラーを選んでみてください。

③やりすぎNG!バサバサすぎる「まつ毛」

バサバサすぎる「まつ毛」
出典:GODMake.

イタいアラサーメイクの代表的なものが、かつて流行した「ぱっちりアイメイク」。昔のトレンドを引きずっている人は意外に多い印象……。

アイライナーで瞳の全体を囲む「囲みメイク」や、マスカラを何度も重ね塗りした「バサバサまつ毛」は、周囲からオバサンメイクだと思われているかも。

大人女子のメイクでは、アイラインは上のみに引くのが無難かもしれません。まつ毛の生え際のキワに引いて、アイシャドウでぼかして自然な印象に仕上げてみてください。ブラウンなど、より自然な色味をのせるのもナチュラルメイクに仕上げるポイントです。

また、マスカラはがっつり塗るのではなく、地まつ毛を生かし、長く見せることを意識してみるのが上品見えさせるコツです。

④まるでバブル期のよう……ラメ感が強すぎメイク

ラメ感が強すぎメイク
出典:GODMake.

「ラメ入り」のコスメは、誰でも一つは持っているのではないかというほど定番のアイテム。筆者もグロスやアイシャドウはもちろん、適度にツヤ感が出せるルースパウダーなど、いくつかアイテムを持っています。華やかな印象を出すことができるのに加え、お顔にメリハリを出してくれるのがうれしいポイントですよね。

ただ、あまりやりすぎるとバブル期を彷彿とさせる「老け見えメイク」にみられることも……。とくに昼間など、自然光にあたる場合はひかえめにのせることをおすすめします。

また、大粒のラメよりも小粒なラメのものを選ぶことで、より品のある大人メイクに近づけることができるので、選ぶときは参考にしてみてください。

ネイルカラーも同様に、少しひかえめにが鉄則。派手目なラメ入りカラーよりも、より肌の色に近いヌーディなベージュやピンクをチョイスしてみてください。TPOに合わせたおしゃれを楽しみましょう。

さいごに

老け見えメイク
出典:GODMake.

いかがでしたでしょうか。今回は、アラサー女子がオバサン認定されがちなNGメイクのポイントを4つご紹介しました。

自分では意外と気づいていないことも多い「老け見えメイク」。この機会に、一度自分のメイクを見直してみてくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「【脱・昭和メイク】!アラサー女子が「オバサン認定」されてしまうNGメイク4選