紫外線はお肌の大敵

お肌のトラブルの原因は、加齢や食生活だけではありません。実は紫外線がかなりの比重をしめているのです。今回はそんなお肌の大敵である紫外線について詳しくご説明します。

なぜ紫外線がお肌に悪影響なのか

紫外線はお肌の大敵
出典:GODMake.

紫外線にはUVAと呼ばれる紫外線A波と、UVBと呼ばれる紫外線B波があります。私たちが浴びている紫外線の95%はUVAで、残りの約5%がUVBです。どちらもお肌に大きなダメージを与えてしまいます。

UVAは浸透力が高く、お肌の表皮だけでなく肌の奥の真皮にまで届くとされています。そしてお肌にハリや潤いを出すためのコラーゲンやヒアルロン酸を作る細胞に損傷を与えてしまうのです。その結果としてお肌が弾力を失い、シワやたるみといった老化現象として表れてしますのです。

なおかつUVAはお肌に目に見える炎症を与えないので、知らず知らずのうちにお肌にダメージを受けている可能性もあります。

UVBはいわゆる日焼けの原因となります。UVAと違ってお肌の真皮にまでは到達しませんが、お肌の表皮に急激にダメージを与えるので、少しの量でもお肌が赤く炎症を起こしたり、火傷のような症状を引き起こします。そしてメラニン色素が沈着して、シミやソバカスの原因にもなります。

さらに紫外線を浴びることでお肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下し、より紫外線が侵入しやすいお肌になってしまうのです。これは完全な悪循環ですよね。そんな負のスパイラルに陥る前に、しっかりとした紫外線対策を講じましょう。

効果的な紫外線予防

まずは日焼け止めを塗ろう

まずは日焼け止めを塗ろう
出典:GODMake.

紫外線対策の王道は、やはり日焼け止めです。日焼け止めを選ぶときは何を基準に選びますか?大事なことはPAとSPFです。PAはUVAの防御効果を表す指標になりますので、シワやたるみなどの光老化からお肌を守るためには、PA指標が高いものを選びましょう。

それに対して、SPFはUVBの防御効果を表す数値になりますので、日焼けからお肌を守るためにはこちらの数値が高いものを選ぶことがお薦めです。

ほとんどの日焼け止めにはPA、SPFの記載があります。PAは+の数が多いほどその防御効果は高いということを意味しています。+の数は1つから4つまでの4段階になっています。

SPFも数値が高いほどその効果も高いということを意味しています。その数値は2から50+まであります。50+は50以上であることを表しています。

日焼け止めを使用する上で重要なことは、まずムラなく塗ることです。特に顔は凹凸が多いので、髪の生え際やあごの部分など、塗り忘れが無いように気をつけてください。また、汗などで日焼け止めが落ちてしまうので、2~3時間おきに塗り直すことも大切です。紫外線は窓ガラスも通して肌に到達するので、屋内にいても日焼け止めは塗るようにしましょう。

毎日日焼け止めを塗ることは重要ですが、寝る前にはきちんと落とすことも大事です。最近の日焼け止めはウォータープルーフなど、落ちにくいものもありますので、専用のクレンジングなどを使ってしっかりと落としましょう。

その他の紫外線対策

その他の紫外線対策
出典:GODMake.

日焼け止めを塗ったからと言って安心はできません。可能であれば日焼け止め以外にも紫外線対策をしましょう。

まずはサングラスです。紫外線は目からも吸収されるという調査がありますので、UVカットのサングラスは紫外線予防に活躍します。日傘を使うのもお薦めです。日傘は体全体を日陰にしてくれるので紫外線予防でもあり、暑さ対策にもなります。

UVカットの帽子を被るのもよいでしょう。紫外線対策だけでなくおしゃれもできますね。その他にもカーディガンやパンツなど、UVカットのウェアアイテムも多くありますので、ご自分のスタイルに合ったものを選んでみてください。

それでも紫外線を浴びてしまったら

それでも紫外線を浴びてしまったら
出典:GODMake.

そうは言っても、さんさんと降り注ぐ紫外線を完璧にカットすることはかなり難しいことです。まず日焼けをしてしまったら、できるだけ早く冷やしてください。日焼けは火傷と同じ状態ですので、お肌をクールダウンさせて炎症を軽減させましょう。

お肌が落ちいてきたら、いつも以上に念入りに保湿してください。その際に気をつけることは、かなりダメージを受けたお肌なので、低刺激のものを使うようにしましょう。その後1カ月程度は美白化粧品を使うようにして、シミを予防します。

また日焼け後のお肌は脱水状態ですので、体内からも水分がお肌に行き渡るように多めの水分補給を心がけましょう。そしてビタミンCやビタミンAを積極的に摂取してください。食事はもちろん、サプリメントやドリンクなどでも構いません。

適度な紫外線対策を

紫外線はお肌の大敵です。できることなら完全にシャットアウトしたいですよね。でも日常生活でそれを達成するのはかなり難しいことです。日光を浴びることは体の健康にもよいですからね。

ですから、過度に紫外線に対して神経質にならず、できる範囲での紫外線対策をお薦めします。紫外線に対して過敏になりすぎて、せっかくの楽しい時間を楽しめなかったり、常に紫外線のことばかり考えていたらそのストレスでかえってお肌に悪影響を与えかねません。

自分のペースを守りつつ、お肌も紫外線から守ってください。

情報提供元:GODMake
記事名:「シミ・シワ原因の8割は紫外線だった!美肌のために徹底的な紫外線対策を