自信を持てない人はネガティブの悪循環に

ネガティブの悪循環に
出典:GODMake.

仕事や恋愛、勉強にダイエット。ひとたび「やる!」と決めたなら、そのゴールに向かって頑張りたいですよね。けれど「私にはどうせ無理」と早々にあきらめてしまった経験はありませんか?

その経験から自信を失い、「何をやってもダメ」と感じる悪循環に陥っては、せっかくの人生が台無しです。

まずは、自信を持てない人が陥りやすいネガティブの悪循環をチェックしておきましょう。

チャンスを自分のものにできない

何か新しいことに取り組もうと決めたときは「やるぞ!」と意気込むものの、自分に自信がないと、いざやろうとしたときに「やっぱり無理」となりがち。それでは、目の前のチャンスを手にすることができなくなってしまいます。

また、自信がないと自分の意見や主張を言えないことも。なんでもかんでも自分の主張を通せばよいわけではありませんが、自分の意見をきちんというべきシーンは多々あります。

例えば、仕事のプロジェクト。「もっとこうしたほうが成果があがる」という自分のアイデアは皆に伝えて意見交換をするのがベター。黙ったままでは、物事をより良くしようと行動する人という評価を得るチャンスを逃します。

そして、その評価によって得られる周囲の信頼、大きな仕事を任されるポジションなど、次に巡ってくるチャンスも逃すことに。

失敗が続く

自分に自信が持てないと、何をするにも「無理」、「できない」という気持がつきまといます。すると、どんなに頑張って取り組んでも失敗が続きかねません。

失敗すれば、やっぱり無理だったとさらに自信をなくし、また失敗が続くという悪循環に陥ってしまいます。

心身ともに疲弊する

失敗が続けば、「また次も失敗するかも」、「本当はこうしたかったのに」など、不安や自責の念にとらわれがち。1日中悶々と過ごしていては心身ともに疲れてしまいます。

心身が疲れれば、集中力や判断力が低下して、さらに物事がうまくいかなくなります。また、イライラしやすくなり、周囲の人にあたってしまい、大切な人が離れていくこともあります。

自信をつけるには目標を低く設定しよう

目標を低く設定しよう
出典:GODMake.

自信を持てないゆえの悪循環から抜け出すには、自分に自信をつける必要があります。「今さら無理」とあきらめないでください。

自分に自信をつけるためには、「小さなことをコツコツ」からはじめるのが大切です。小さな目標達成を積み重ねて、自信につなげていきましょう。

今日よりも明日、今週よりも来週

例えば、ダイエットで「1ヶ月で10kg!」という目標は現実的ではないですよね。専属のトレーナーなど、プロのサポートなしでは健康的に痩せられる可能性が低くなりますし、目標を掲げたものの「結局無理だった」となりかねません。

ですが、「1日20g」、「1週間で140g」、「1ヶ月で600g」ならどうでしょうか。目標を達成できる気がするでしょう。

今日よりも明日、今週よりも来週、今年より来年。毎日、小さな成功体験を重ねて、自分に少しずつ自信をつけていきましょう。失敗が失敗を呼ぶように、成功も成功を呼び寄せます。そして、「出来た」という気持ちが、より大きな自信につながるでしょう。

成功する姿を思い浮かべる

何かに取り組むときは、成功した自分の姿を思い浮かべてみましょう。どうしたいか、どうなりたいか、何を手に入れたいかなど、具体的に考えてみます。そして、達成したときにどんな気持ちになって、どんな自分になれるかをイメージ。

すると、気持ちがポジティブになりませんか?「よしやってやる!」という気持ちが湧き上がることだってあるはずです。気持が折れそうになったときは、成功する姿を思い出しましょう。

自分に自信をつけるためにやりたいこと

自分に自信をつけるためにやりたいこと
出典:GODMake.

自分に自信をつけるために、普段の生活の中でやりたいことを紹介します。

「ネガティブ」に近づかず「ポジティブ」のそばに

「ネガティブ」に近づかず「ポジティブ」のそばに
出典:GODMake.

愚痴が多かったり、悪口ばかり言ったりするネガティブな人には近づかないようにしましょう。そういう相手は、あなたに対して「どうせ出来ないんじゃない?」、「また失敗するでしょう」という言葉を言う可能性があります。他者の悪い評価は、自分の自信を失う原因になりかねません。

逆にポジティブな人は、ちょっとした言葉であなたのやる気スイッチを押してくれるはず。ネガティブな人よりポジティブな人のそばにいるほうが得策です。

「自分」を大切にする

「自分」を大切にする
出典:GODMake.

自分を大切にするということは、「自己中心的に生きる」ことではありません。

「やりたい」、「こうなりたい」と思う自分の気持ちに寄り添う。他者に自分を良く見せようとせず、今の自分を受け入れる。

それが、自分を大切にするということです。今の自分のすべてを大切にできると、少しくらい失敗しても「今回は頑張った。次は大丈夫だよ」と自分を励ませるようになります。

前向きな気持ちは自分の自信を高めてくれるでしょう。

他人と比較しない

他人と比較しない
出典:GODMake.

あの人は恋人とうまくいっている、あの人は仕事ができてみんなに頼られて、この人は美人でスタイルもよくて。でも自分は?と比較するのはやめましょう。

人と比べてばかりでは、気持ちが疲れて物事もうまくいかなくなってしまいます。「人は人、自分は自分」と考えれば、気持がふっと軽くなりますよ。

自分の人生は自分だけのものです。他人と自分を比較するのはやめて、自分が今できることは何かを考えましょう。

失敗しても気にしない

失敗しても気にしない
出典:GODMake.

小さな目標を立てても、失敗することもあるでしょう。そこで、「こんな些細なことも出来ないのか」ではなく「今日ダメだったけど、明日は頑張ろう!」と前向きに考えましょう。

長い人生です。すべての物事が成功ばかりなんてことはありえません。どうしても自信をなくしそうなときは、「明日成功した自分」を想像しましょう。

外見を美しく保つ

外見を美しく保つ
出典:GODMake.

毎日のスキンケアで肌コンディションを整えれば、メイクノリが良くなります。また、運動で体を引き締めれば、オシャレが楽しくなります。

逆に、肌がカサカサでメイクノリが悪いと気分が憂鬱になったり、体型のせいで好きな服が着られないとストレスを感じたりしていては、自分への自信も揺らいでしまいますよ。

自信をつけてHappyを引き寄せよう

自信をつけてHappyを引き寄せよう
出典:GODMake.

自分に自信がつくと、何事にも前向きに取り組めるようになります。表情が明るくなり、行動も活発に。そうすれば、大きなチャンスが巡ってきたり、周囲から信頼されたり、Happyな出来事がたくさん起こるでしょう。

今は自信を持てないかもしれません。ですが、小さな成功を少しずつ積み重ねていけば、自分に自信が持てるようになるはずです。

今日より明日、今年より来年。成功体験を増やして、Happyを引き寄せましょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「何をやってもダメ…なんて思わないで!自分に自信をつける方法