別れ
出典:GODMake.

恋をすると必ず別れが来ます。それは結婚をしても、どれだけ一緒に過ごしたくても時間は止まることなく、別れの日がいつかは訪れ、そしてまた新しい朝が来ます。

大好きな人と別れた時ついついやりがちな、SNSで相手の新しい生活を覗いてしまったり、友達と騒いでお酒を飲んだり、そしてひたすら家に引きこもって泣いてしまったり。1つの恋が終わった後、人はその寂しさを紛らわす為に、忘れようともがき苦しむ時間を過ごすかもしれません。

王子様が現れる
出典:GODMake.

子供の頃は王子様が現れ、事が上手く進み、めでたしめでたしとなるはずが、大人になって知った現実は、今まで知っていた物語とは基本真逆な事が起こるものです。そして、時間が経ちほんの少しだけ心に余裕が出来て、笑う日々が戻り、目標もできたという頃にまた元彼が現れ、引きずりおろしてくる事もあるかもしれません。

どんな事が起きても、忘れるのではなく立ち直る強さを身につけ、そして、泣いた自分に優しくしてあげられる事が大切と言えるでしょう。

物はあえてとっておく

物はあえてとっておく
出典:GODMake.

元彼との思い出の写真、音楽、服、プレゼントなど、別れた瞬間、区切りとして捨てたくなるかもしれませんが、あえて捨てるのをやめ、そのままにしておきましょう。

人は恐ろしい程、辛かった思い出や傷つけられた思い出などを美化してしまいます。脳の記憶は曖昧で都合よく解釈してしまい、なぜか元彼との思い出全てを、綺麗な思い出にしようとしてくるのです。

綺麗な思い出
出典:GODMake.

そうならない為にも、あえて思い出の品はそのままにしておきましょう。そして、本当に立ち直り、必要ないと感じ始めた時に、そこで全てを捨てるようにしてみて下さい。

別れたその日からあえて忘れず思い出す

別れたその日からあえて忘れず思い出す
出典:GODMake.

別れた後、早く忘れる為に必死になってしまうかと思いますが、あえてたくさん泣いて相手との思い出を忘れないようにしてみましょう。仕事中も一瞬忘れる事があったとしても、わざと思い出すようにしてみて下さい。

始めのうちは四六時中、元彼との思い出が頭の中でぐるぐると蘇り、街中を歩いているだけでも涙がこぼれ落ちそうになるかもしれません。時間が経つと少しずつその時間が減るかと思いますが、それでも頑張って思い出すようにしてみましょう。

元彼との思い出
出典:GODMake.

無理に考えないようにするよりも、このように忘れないようにしている人の方が、立ち直りが早いと言われています。途中嫌でも思い出すようにしているうちに、「もうしつこい」や「なんで考えなきゃいけないの?」と、自分から思い始めるかもしれません。

そして他にも、紙に書くことも良い方法と言えるでしょう。元彼との思い出や嫌だったこと、何でもいいので殴り書きをし、書いた後は気持ちよくビリビリに破いて捨ててしまいましょう。

自分と向き合う

自分と向き合う
出典:GODMake.

自分の好きな事、自分の大切にしていた事、自分が夢見ていた事、少なからず彼と過ごしていて疎かにしていた事を再び始め、新たに自分をステップアップさせるようにしましょう。自分のために行動をし、自分の為に自分に優しくする事は、自分を知るチャンスです。

自分の弱みも強みも知り学ぶ人は、大きく成長が出来る事でしょう。

明るい未来
出典:GODMake.

明るい未来の為にも、今の自分の気持ちと向き合い、行動をし、これからの自分の未来に種をまくようにしてみて下さい。そして、その日が来た時にこの辛い経験や相手への感謝の気持ちが持てる日が訪れるかもしれません。

まずは、自分の心に耳を傾け、やりたい事をとことん始め、その一瞬一瞬の時間を大切にするようにしましょう。

ダメな自分も愛してくれる友達や家族と過ごす

友達や家族と過ごす
出典:GODMake.

100%味方をしてくれる、自分を愛してくれる人と過ごすようにしましょう。まだ忘れられない時に新しい人と出会っても上手く行く可能性は少なく、そしてさらに自分の心をしめつける行動になるかもしれません。そのような相手と過ごすよりも、自分を大切に思ってくれる人が一人でもいるならその人と過ごすようにしましょう。

失恋
出典:GODMake.

失恋を味わった事は、それだけ深い愛情を知り、深く人を愛せた証拠です。今は辛くても、自分はただ愛してくれない人を失っただけで、相手は愛してくれている人を失っているのです。1つの恋を楽しかったと思えた時、きっとまた新たな出会いが訪れます。苦しみは消え、また笑顔の日々が戻ることでしょう。

また笑顔の日々が戻る
出典:GODMake.

情報提供元:GODMake
記事名:「1つの恋愛が終わり、1秒でも早く立ち直る方法とは