脂質と脂肪の違い

脂質と脂肪の違い
出典:GODMake.

脂肪になるから油は控える、と思いダイエットを続けている方も多いかと思われますが、ダイエットを本気で成功させたいなら良質な油は欠かせません。

ここで間違えやすいところは、脂肪と脂質。似ているから間違えられやすいですが、気をつけたいのは、脂肪となるのは糖質の過剰摂取という事です。甘いお菓子をどか食いすると、もちろんエネルギーが余ってしまい脂肪へと体内で変えられてしまいます。

女性ホルモンのバランス
出典:GODMake.

ですが、脂質は違います。脂質を摂らなくなると、便秘になり、消費エネルギーも低下し、筋肉量も減り、リバウンドや痩せにくい体になってしまいます。このように脂質を減らすという事は、ダイエットの負のループに陥ってしまうという事です。

他にも良質な油を摂らないと、肌のハリや潤いがなくなり、女性ホルモンのバランスや生理不順といった女性の悩みまで増加させてしまいます。

油の種類で見極める

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸
出典:GODMake.

動物性脂肪に多い飽和脂肪酸は、酸化がしにくい油で中性脂肪やコレステロールを増やし、肥満の原因になると言われております。飽和脂肪酸の特徴としては、長期保存がしやすく、そして常温では個体で、主にバター、ラード、牛脂、生クリームなどが挙げられます。

料理のコクを引き出してくれるので必要な油かもしれませんが、飽和脂肪酸の過剰摂取は糖尿病や心筋梗塞などのリスクを高めてしまうので、出来るだけ控えるようにしましょう。

不飽和脂肪酸

  • 多価不飽和脂肪酸
  • 一価不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸
出典:GODMake.

その一方、植物性脂肪に多い不飽和脂肪酸は大きく分けて、「多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸のオメガ系3、オメガ6)」と「一価不飽和脂肪酸(オメガ9系列)」があり、不飽和脂肪酸の特徴としては、調理油や魚の油で、常温では液体状であり、特に必須脂肪酸は体内では作られない為積極的に摂りたい油と言われています。

多価不飽和脂肪酸

  • オメガ3系列(えごま油、亜麻仁油、ローズヒップオイル、インカインチオイル、魚油(DHA/EPA)、しそ油)
多価不飽和脂肪酸
出典:GODMake.

オメガ3(αリノレン酸、DHA、EPA)は、よくメディア等でも耳にするかと思われますが、脂肪になりにくく、中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす働きがある為、ダイエットに最適な優等生な油と言われております。

他にもうつ改善や、血圧を下げる効果、動脈硬化を防ぐなどの効果があり、ダイエットの他に健康に気をつけたい方も積極的に摂取したい油と言われております。ですが体内では作られない為、食事で補うようにしましょう。(青魚:ハマチ、マイワシ、にしん、マグロ、ぶり、さば、秋刀魚)

オメガ3系の油は加熱に弱い為、かけて食べるなどの調理法でなるべく加熱をせず摂るようにしましょう。そして油も冷蔵保存をするようにして下さい。そして摂り方としては、朝食に小さじ1杯を目安に摂ると効果的でしょう。

  • オメガ6系列(大豆油、ごま油、コーン油、ひまわり油、サラダ油)
オメガ6系列
出典:GODMake.

オメガ6(リノール酸)は、免疫アップやエイジングケア、血管の膨張を抑え、血栓の予防など様々な効果が得られますが、日常の食事でオメガ6は摂取がしやすい為、意識的に摂ろうとするとかえって過剰摂取に繋がりやすくなります。

炒め物の調理や外食やコンビニなどでもオメガ6は使用をされているので、摂りすぎないように十分心がけましょう。過剰摂取は善玉コレステロールを減らし、生活習慣病のリスクが高まったりリウマチ関節炎やアレルギーや喘息などを引き起こしてしまう原因になってしまいます。

そしてこの2つのオメガをバランス良く摂取できるようにしましょう。理想バランスとしては、【オメガ3:オメガ6=1:4】と言われておりますが、実際はオメガ6は簡単に取れてしまう為、オメガ3に対しかなりの割合で摂取している可能性があります。ですのでオメガ6の摂りすぎには注意しましょう。

一価不飽和脂肪酸

  • オメガ9系列(オリーブオイル、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、菜種油(キャノーラ油)、アボカド、アーモンド)
一価不飽和脂肪酸
出典:GODMake.

オメガ9(オレイン酸)は脂肪や糖の代謝を促進する働きがあり、不飽和脂肪酸の中では最も酸化がしにくく、抗酸化成分が多く含まれている為ダイエットや美容効果が高く期待が出来ます。他にも動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを減らす働きや、便秘解消といったメリットもあり、ダイエットに欠かせない油と言えるでしょう。

ただし、オレイン酸は人の体で合成できる為必須脂肪酸ではありません。そして種から得られる脂質の過剰摂取は発ガン性や心臓病リスクを高めてしまう可能性があるので、摂りすぎには注意をしましょう。そしてオリーブオイルは加熱はせず、サラダにかけるような調理法を行い、なるべく早く使い切るようにして下さい。

摂り方としては、大さじ1~2杯を目安に朝食と一緒に摂ると効果が見られるでしょう。

朝
出典:GODMake.

良質な油はダイエットや美容の強い味方になりますが、何事も過剰摂取は体重増加の原因に繋がってしまいます。まずは摂取量をきちんと守り、過剰摂取がないよう心がけましょう。そして加工や添加物が含まれていない油を選び、酸化に弱い油は冷蔵保存等をし、毎日良質な油を摂取するようにしてみて下さい。

情報提供元:GODMake
記事名:「ダイエットに欠かせない良質な油を見直し、効果のある摂り方で綺麗になりましょう