休暇の多い夏の時期は、海やプールなど外出することが多くなりますよね。外出先で強い紫外線を浴びてしまうことによってお肌だけでなく、髪の毛などにも大きなダメージが残っている状態となってしまいます。

夏の間に受けたダメージ
出典:GODMake.

夏の間に受けたダメージを残さずに、これから秋・冬の季節を綺麗でしっかりと整えられた状態で過ごすためにも知っておきたい、夏の終わりにしなければならない美容ケアとはどういったものがあるのか、ご紹介します!

夏の終わりに起こりやすいトラブルとは

肌荒れ

夏の暑い季節は外出時には日焼け止めが必須となってきます。最近の日焼け止めはウォータプルーフになっているものも多く、特に海やプールなどに行くときには水に濡れて日焼け止めが落ちてしまわないようにと、ウォータプルーフタイプのものをよく使っているといった方がたくさんいらっしゃると思います。

肌荒れ
出典:GODMake.

日焼け止めをしっかりと塗って紫外線対策をすることはとても重要なことですが、日焼け止めは長時間つけていると肌に負担をかけやすいものとなっています。

夏の季節は外出することも多くなり、肌が焼けてしまわないように日焼け止めを塗りなおす機会も増えてきます。日焼け止めを頻繁に使うことによって肌に負担をかけることになり、夏の終わりのころになると日焼け止めの影響で肌が敏感になったり、乾燥してしまい肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

くすみ

暑い夏の日は外出をするときには必ず日焼け止めを塗って、紫外線を吸収しないように対策をしなければならないのですが、めんどくさくて日焼け止めを塗っていなかったり、ちょっと出かけるだけだからとファンデーションのみで済ませたりしていると、どんどん紫外線は肌に吸収されていき、紫外線が吸収されることで肌のメラニン色素が増えていき、シミやくすみをつくってしまう原因となってしまいます。

くすみ
出典:GODMake.

夏の始めよりも夏の終わりになるとなんだか顔がくすんで見えるといった場合は、紫外線対策がうまく行われていなかった可能性が高くなっているので、シミなどができないようにしっかりとケアしていかなければなりません。

髪の毛

夏の季節にダメージを受けるのは肌だけではありません。髪の毛も紫外線にあたることでダメージを受けてしまい、傷んでパサパサになってしまう可能性があります。

紫外線を直接たくさん浴びてしまう髪の毛は、毎日しっかりとケアをしていても夏の終わりごろになるとダメージが溜まり、乾燥や傷みなどといったトラブルが発生してしまいます。

髪の毛
出典:GODMake.

髪の毛は肌と違って紫外線をカットする日焼け止めを直接塗ることができない部分となっているので、紫外線を浴びてしまった後のケアが必要となってきます。

夏の終わりには肌のケアを

蒸しタオル

ダメージを受けた肌を蒸しタオルでしっかりと温めてあげることで血流がよくなり、血行の悪さからできてしまうくすみやクマも予防することができます。

また洗顔をする前に蒸しタオルで顔全体を温めて毛穴を開かせることで、夏の間に毛穴に溜まった老廃物も綺麗に洗い流すことができます。

ピーリング

肌がダメージを受けていたり、たくさんの紫外線を浴びたりしてしまうとターンオーバーが正常に行われなくなり、メラニンの排出ができずにシミやくすみの原因となってしまいます。

ターンオーバーを正常に働かせるためには、ピーリングをして古い角質を排出させることが大切なポイントとなっています。

パック

紫外線を受けた肌や日焼けをした肌は、水分がなくなりとても乾燥した状態になっています。

保湿効果のあるパックを使ってしっかりと水分を補給し、乾燥を防ぎましょう。

ダメージを受けた髪のケアも

オイルパック

夏の終わりの傷んだ髪の毛には、オイルを使ってしっかりとパックをして、髪に栄養を与えてあげることが大切です。

髪の傷みが気になったら、週に1~2回程度流さないタイプのオイルを髪に浸透させてあげることで髪の傷みを和らげることができます。

またオイルパックをすることで熱や太陽の光からのダメージを防いでくれる効果があるので、髪が傷んでいてもコテは必須だと毎日コテを使ってヘアセットしているという方にも、オイルパックはオススメとなっています。

地肌マッサージ

髪の毛と同じように、頭皮も紫外線によってたくさんのダメージを受けています。

紫外線などによる夏のダメージを多く受けている地肌をゆっくりとマッサージすることで血行も良くなり、乾燥からくるかゆみや抜け毛などといった症状の予防にもなります。

美容院に行く

綺麗な髪の毛を取り戻したいけど、自宅でどんなケアをしたらいいのかよくわからないというときは、美容院に行って髪の状態について相談しながら髪の状態にあったケアをお願いしてみるのも良いかもしれません。

ダメージを残すことなく次の季節へ

いかがでしたでしょうか?暑い夏の季節は肌へのダメージだけでなく、髪の毛や地肌にまで大きなダメージを与えてしまいます。夏の時期に受けたダメージをそのまま次の季節に持ち越してしまわないように、夏の終わりごろにはしっかりと集中したケアを行うことが大切です。

ダメージを残すことなく次の季節へ
出典:GODMake.

いつもよりも気を使ったケアを行い、受けたダメージをリセットして気分よく夏とお別れしてみてくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「ダメージをなかったことに!夏の終わりにしなければいけない美容ケアとは?