香りがもたらす睡眠への効果

香りがもたらす睡眠への効果
出典:Shutterstock

寝る前にアロマキャンドルをつけたり、お香を焚いたり、そんな香りがもたらす睡眠への効果をご存知ですか?

仕事や外出している昼間は、交感神経が活発に働いています。そして、帰宅して睡眠の時間になるまでには副交感神経の働きを活発にさせる必要があります。その切り替えができていないままだと、どうしても睡眠に導入しづらくなったり、睡眠で充分に身体を休ませることがしづらくなります。

その副交感神経をうまく働かせるためには、香りが大いに活躍してくれるのです。

香りは鼻を通って鼻腔へと到達します。そして鼻の奥にある嗅上皮という粘膜部分に香りが溶け込みます。その後、嗅細胞から出ている嗅毛から香りが取り込まれ、のちに脳に香りによる信号が到達します。

つまり、香りは脳へと直接作用する力があり、眠りの状態にしてくれる効果があるのです。

寝る前に選びたい香り

香りがなぜ睡眠に関係するのかをご説明しましたが、さっそく寝る前におすすめの香りについていくつがご紹介していきます。

ラベンダー

ラベンダー
出典:Shutterstock

アロマなどでも人気のある香りですが、ラベンダーは大いに睡眠に好影響を与えてくれます。安眠の香りとも言われており、ストレスを和らげて身体をリラックスさせる効果があります。

どのメーカーから出ているアロマでも、だいたいラベンダーの香りを取り揃えています。それほどなじみ深く、万人受けする香りなので、アロマやお香が初めての人にはぜひおすすめしたい香りです。

サンダルウッド

サンダルウッド
出典:Shutterstock

サンダルウッドは、温かみのある香りです。香水などでもウッド系のものは男女ともに人気が高いです。やさしく穏やかな気分にしてくれるだけでなく、精神状態を落ち着かせてくれる効果があります。

温かみやおだやかさを感じられながらも、重圧感のある香りで、ヨガなどのゆっくりした運動を行うときにもおすすめしたい香りです。

マジョラムスイート

マジョラムスイート
出典:Shutterstock

マジョラムスイートは、温かみとハーブのさわやかさが融合された香りです。心の緊張を和らげる鎮静効果があるといわれています。

ハーブのさわやかな香りが混ざっていることで、鼻への香りの通りが気持ち良く、これからの季節にもぜひおすすめしたい香りです。

夜にはおすすめできない香り

夜にはおすすめできない香り
出典:Shutterstock

番外編ですが、逆に寝る前にはあまりおすすめできない香りもあわせてご紹介します。

上記でご紹介したとおり、睡眠によい香りというのは温かみがあったり精神を落ち着かせる効果があるものばかりです。逆に、涼しげで逆に目を覚ませてしまうような香りは避けたいところです。

たとえば、ペパーミントやローズマリーやユーカリは、爽快感や涼しさを感じやすい香りなので、覚醒してしまい、逆に目が覚めてしまいます。ティートリーやレモングラスなども、昼間の活動的な身体状態になりやすくなるので控えておきましょう。

これらの香りは、朝から昼間にかけて取り入れれば、1日をフレッシュで清々しい気持ちで過ごせます。

香りを駆使して心地よい寝付きを体感してみよう

心地よい寝付き
出典:Shutterstock

いかがでしたか?

毎日忙しい生活だと、必然的にストレスや疲れがどんどん溜まっていきます。本来、ほどよい疲れがあったほうが夜に眠気を感じやすく、すぐに寝付ける傾向がありますが、ストレスや疲れが過剰になると逆に寝付きが悪くなることもあります。

なんだか最近寝付きが悪いな…と感じていても、心地よい睡眠のために何かをするということをしていない人が意外と多いものです。眠れないからと睡眠薬に頼ったり、投げやりになって夜更かししてしまったり…それではより良い睡眠から遠のいてしまいますよね。

できるだけ自然の力で、体に優しい方法で「心地よい寝付き」を目指してみましょう。今回ご紹介した香りを参考に、香りでの睡眠導入を体感してみてくださいね!

情報提供元:GODMake
記事名:「最近寝つきが悪いかも…気持ちよく眠れる「夜におすすめの香り」