どうしてあの人はあんなにキレイなの?

どうしてあの人はあんなにキレイなの?

毎日忙しそうにしているのにキレイな人っていますよね。普通忙しいと自分にかける時間なんてないはずなのに、どうして美しさをキープしていられるの?と思ってしまったり。そんな人は一体どんなことをしているのでしょうか。そこで、時間がなくても美を保つ秘訣をご紹介します。

美を保つ秘訣は「時間の使い方」にあった!

美を保つ秘訣は「時間の使い方」にあった!

忙しいのにキレイな人と、お疲れモード満載の人。どちらも忙しくしている事に変わりはないのに、なぜ見た目に差が出てしまうと思いますか?

それは「時間の使い方」。キレイな人は時間の使い方がとても上手なのです。忙しい毎日でも、空いた時間ってありますよね。そのスキマ時間を無駄にせず、美容にあてる時間に費やしているのです。

疲れているとついダラっとしてしまいがちですが、その時間にストレッチやエクササイズをするだけで、たとえ5分であっても有効な時間の使い方ができます。テキパキ動いて時間を大切にするように過ごすと、今までいかに時間を無駄にしていたかということに気付けるでしょう。

それだと休まる時間がなさそうに感じますが、ゆっくりと過ごす時間をきちんと決めておけば、効率的に体を休めることもできます。まずは時間の使い方を見つめ直すことから始めてみることが大事です。

忙しくてもキレイをキープするためにやりたいこと

便利コスメを取り入れる

便利コスメを取り入れる

忙しさを理由に美を怠らないようにするためにも、コスメは便利なアイテムをチョイスすることがベスト。チーク&リップとして使えるものや、手のかかるベースメイクを1本で叶えてくれるものは、忙しい女性にとってありがたい存在。そんな1つで何役もこなしてくれるコスメはぜひ持っておきたいですね。何個も持ち歩かなくて良いのでポーチの中身もスッキリして、また経済的にも◎。

時間や手間のかかるメイクは、どうしても面倒くさく感じてしまいがちですが、そうすると手抜きになり、女子力も低下してしまいます。そうならないためにも、いいことづくしな便利コスメの力を借りて、時短で賢く美をキープしちゃいましょう。

最低限のケアは毎日徹底

最低限のケアは毎日徹底

すぐ寝たいくらい疲れている時、メイクも落とさずベッドに飛び込んでしまっていませんか?でもそんなことを続けていると、いつか後悔する日がくるかもしれません。

日々の積み重ねは、美容において何よりも重要なこと。どれだけ疲れていても、メイクは落とす、顔も体も保湿する、髪は乾かすなどはしておきましょう。たくさんのステップを踏むようなケアはできなくても、最低限のケアなら続けられそうですよね。

また、スペシャルケアは慌ただしい平日ではなく、時間のある休日に行うとじっくりと贅沢な時間を堪能できます。

リフレッシュを欠かさない

リフレッシュを欠かさない

キレイな人って、完璧主義で全く隙がなさそうなイメージが強いですよね。でも本当のキレイな人というのは、内から出る美しさも兼ね備えているものです。そのためストレスを抱えている人では、いくら外見が良くても魅力的とは言えませんね。

そんな本当の美しさを目指すなら、日常の中でリフレッシュをすることをたくさん取り入れてみてください。忙しさが当たり前になってくると、リフレッシュをするなんてことを考えもしなくなりますよね。でもそれでは負のループに陥ってしまいます。

ほんのささいなことでも良いので、自分が気分良くなれる方法を見つけてみてください。甘いものが好きならスイーツを食べたり、友達とランチをしたり、好きな映画を観るのもいいですね。どれも気軽にできることばかりなので、ストレス度がMAXになる前にこまめにリフレッシュするようにして、内面からも美しさを放てる女性になりましょう。

ネガティブワードを言わない

ネガティブワードを言わない

これも内面に関することですが、人の悪口を言ったりマイナス思考な発言をするのはNG。言霊という言葉があるように、自分の口から発した言葉は、いずれなんらかの形で自分自身を苦しめる結果になるかもしれません。

キレイでいるには心も磨かれているべき。ネガティブと思われるような言葉は極力控えて、ポジティブな発言を心掛けたいものです。忙しかったり疲れていると、つい周りに八つ当たりしたり、心にもないことを言ってしまうことは経験上あると思います。でもそれでうまくいくことなんてなかったはずです。

忙しいからこそ、疲れているからこそ、思いやりの気持ちを持って、みんながハッピーになれるような存在でありたいですよね。

キラキラ輝かしい女性は永遠の憧れ

キラキラ輝かしい女性は永遠の憧れ

忙しくても美しい人の秘訣は、案外誰にでも取りれることができそうなことばかりですよね。外見だけではなく、内面からも美しい女性でいるためにも、日頃の考え方や物事の捉え方なんかもポジティブに変換することが美しい人の条件。ぜひご参考にしてみてください!

情報提供元:GODMake
記事名:「「忙しいのにキレイ」。美を保つ秘訣とは?