みなさま、こんにちは!ダイエットトレーナーの小山圭介です。今回の「ダイエット王子の愛のダイエットサポート奮闘記」は、お年頃のみなさまにお読み頂きたいエピソードです!

ダイエット王子「小山圭介」の愛のダイエットサポート奮闘記

「ダイエット王子」の愛のダイエットサポート奮闘記♡Vol.22

今回のお客様は、10キロの大型減量を目指すヨガスタジオ勤務のFさん(29歳/156cm/57kg)
-----------------------------------
■先生、ヨガスタジオでお客様に心身の健康をお届けする身なのに、情けないぐらいぶくぶくと・・・。これじゃ、お客様にもうちのスタッフにも示しがつきません(涙)。目指せ、マイナス10キロ!こんな大幅なダイエット、可能でしょうか!?
-----------------------------------
Fさん (29歳) 、156㎝、57㎏。ヨガスタジオ3店舗の責任者。店舗のマネージメントをしながら、店頭にも立って楽しく接客する毎日。ただ、夜遅くの食事も多く、気付いたら接客時の専用Tシャツのサイズが・・・。

体重

まずーいっ、身長-体重が100を切ってしまいました・・・

今回は、ヨガのチェーン店に勤務するFさん。3店舗の運営責任者を任されていて、日々、お客様の幸せのために奮闘する毎日!ボクのレッスンにもちょこちょこ参加してくれているのですが、今回いよいよ本気でダイエットしたいということで、ご連絡いただきました。

小山「Fさん、こんにちはー!ご連絡ありがとう」

Fさん「先生、こんにちは!お久しぶりです」

小山「いよいよ、本気でダイエットするお気持ちになったみたいだね。何か、きっかけかみたいなもの、こと、あったの?」

小山圭介さん

Fさん「先生、そうなんです!実は、毎日のお仕事は充実しているのですが、気付いたら、自分の身長-体重が、100を切ってしまいました・・・。先生に、この目安の計算の仕方を聞いていたので、これはまずーいって思いまして(涙)」

小山「そうだね、ここがもし100を切ったら、強制的にダイエットサポートするから連絡してって伝えていたもんね(笑)」

Fさん「そうなんです、現実になっちゃいました・・・」

小山「身長156㎝で体重57キロ、156-57=99。そっかぁ、100、切っちゃってるね・・・」

ダイエットにおいて、数値はひとつの目安ですが、ボクは分かりやすいので、この身長-体重の指標はよく使っています。

この身長-体重=110ぐらいが、今の日本で、意識高くキレイになりたい!って思う女性の目標値に近いかなーって思っています。もちろん、フィットネスインストラクターやモデルさんなどは、職業としてのボディですのでまた違うのですが、一般的な方ですと、まずはこのあたりをいっしょに目指すことが多いです!

体重

Fさん「先生、来年30歳ですし、私、一念発起します!サポートしてください!!」

小山「OK!OK!ご指名ありがとう!ボクで良ければ、やせるまでサポートするよ(笑)」

Fさん「先生、ありがとうございます!とりあえず、身長-体重を110にしたいので、目標11キロです。ダイナミックすぎるでしょうか・・・?」

小山「大丈夫だよ、大丈夫!ゆっくりじっくり、健康的にアプローチしていこう!!!」

太って痩せてを繰り返し、とうとう過去最高体重に

ということで、Fさんのダイエットサポートをすることになりました。

まずは、体重年表の作成から着手してみることに。これは、ボクがサポート初回によく行うカウンセリング法の1つです!クライアントさんにお話を聞きながら、人生におけるおおまかな年表を作っていきます。

小山「Fさん、では、10代、20代と、体重的に重かった時と軽かった時を教えてもらえるかな?10代、高校生の時とかはどうだった?」

小山圭介さん

Fさん「そうですねー、中学生から高校1年ぐらいまでは、ちょっとぽっちゃりぐらいで、50キロぐらいでした。で、2年生の時に、5キロやせて45キロに!」

小山「そうなんだー!ちなみに、身長はどんな推移だった?」

Mさん「身長は、中学校の時にほぼ今の高さになっていました!」

小山「OK!OK!ではこんな感じね!」

体重年表

Fさん「はい!そうです!あの頃、45キロだったなー(笑)」

小山「だねだね(笑)で、大学に入ってからはどう?」

Fさん「大学1年の時は同じぐらいでしたねー。ただ、2年の時ぐらいから、お酒の味を覚えて(笑)、増えちゃいました」

小山「何キロぐらい?」

Fさん「52キロぐらいだったと思います」

小山「お、結構増えたね(^_^;)」

Fさん「ですねですね・・・」

小山「それからそれから?」

Fさん「大学4年で、またやせます!たしかあの時は、頑張って5キロやせる!っていう取り組みをして成功したから、47キロです」

体重年表

小山「社会人になってからは?」

Fさん「1年目の時に、またリバウンドしちゃって、53キロぐらいになってたかと思います」

小山「なかなか紆余曲折してるね(汗)」

Fさん「ですねですね・・・。その後は、うーん、あ、そうだ、25歳の時に、また気合いいれてダイエットして、47キロに戻しています!」

小山「なるほどなるほど、47キロね!その後は?」

Fさん「そこからしばらくはキープしていたのですが、途中からあれよあれよと戻ってしまって、57キロになっちゃいました・・・(涙)」

小山「そっかそっか。こんな感じね!」

体重年表

Fさん、典型的なリバウンド繰り返し型でした。そして、今が人生で一番重たくなっちゃっています・・・。ポイントとなる年と体重が分かったところで、今度は、この点を線で繋いでいきます。ということで、カウンセリングしながら、繋いでいきました!

体重年表

とっても分かりやすい「やせ期」と「リバウンド期」の法則が!

小山「これで、半分完成です!ここまで作ってみて、どんな感想ですか?」

Fさん「そうですねー、ホント、なかなかのリバウンド人生ですね(^_^;)。こうやって、数値として、グラフとして目で見ると、なんか、いろいろ考えちゃいますね」

小山「そうなんだー。どんな事を思ったり考えたりするの?」

小山圭介さん

Fさん「ふと思ったのは、こんなにやせたり太ったりを繰り返していて、なんか、とっても自分の体に負担をかけていて、自分の体かわいそう、って思いました」

小山「そっかそっかー。これまでは、確かに、負担をかけちゃっていたかもね・・・。でも大丈夫、これから、負担のかからない、ピカピカのFさんになっちゃうから!!!」

Fさん「せんせー、よろしくお願いします!!!」

来週は、体重年表作成の後半戦です!

体重が増えてしまった時、減った時に、生活などにどのようなことが起きていたかを事細かく思い出し、記入していきます。学校、仕事はもちろん、趣味、生活環境、人間関係、そして恋愛etc、そんなことダイエットに関係あるの!?っていうところまで、徹底的にあぶり出していきます(笑)。

そうすると、Fさんには、とても分かりやすいやせ期とリバウンド期の法則が・・・。ヒントは、愛だの恋だのです(笑)。来週をお楽しみに!

次回のレポートは10/8(月)更新予定です!!!

小山圭介さん

■過去の記事はこちらから!
Vol.17『もっと太って老け見えしても。それでも今の働き方、ずっと続ける?』
Vol.13『意志が弱くて自分に甘いワタシでも、やせられますか・・?』
Vol.10『甘いものもOK?スイーツ大好き女子のための「食べ痩せダイエット術」』
>>バックナンバー一覧

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「恋して痩せる!ダイエット王子の『婚活ダイエット作戦』【1】