意識を向けて最強の無意識を味方につけよう!

Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。前回は、人と同じものを食べて太る理由。簡単で無理のないウエイトコントロール法。基礎代謝の内訳を知って効率よく健康増進する方法などをお届けしました。今回は「意識を向けると成果が変わる」知識よりも努力よりも強力なパワーを持つ習慣についてお伝えします。

奴隷解放!無意識に意識を向ける

私達の日々の行動の40%は習慣によるもので、深く考えることなく無意識のうちに行っている動作だと言われます。(社会心理学教授Wendy Wood)

確かに、朝起きてから夜寝るまで、同じ席で朝食を摂り、歯を磨き、同じ足から靴を履いて、同じ駅へ向かって通勤、駅のホームでも同じような場所で電車に乗り、、、無意識にいつも同じパターンで過ごしていることが多いものです。

日常,毎日,日常

「人間は習慣の奴隷である」(オグ・マンディーノ)という言葉があるほど、無意識に習慣に従い生きています。

今現在の習慣で理想の自分ができ上がり続けていれば、文句なしですが、理想と違う自分がいるのならば、その無意識に意識を向けて見る必要があると言えます。

意識を向けると思考が変わり身体も変わる?!

ビジネスも身体も意識を向けることで、思考が変わり行動が変化して成果が変わるのは同じです。これは決して難しいことではありません。気づいているか否かは別として、子供の頃からすでに行っています。

例えばこんな感じです。小さな子供でも自分に虫歯があり治療中ともなれば、お菓子を差し出されてもジュースをすすめられても、「今日はいらない」「お水をください」と、セルフコントロールできます。

いつもなら無意識に、お菓子を食べて喜んでジュースを飲んでいたかもしれません。歯が痛くてその原因に、お菓子やジュースが関わっているかもしれないと知ったときに、無意識の行動に意識を向けて考えを改めて行動を変えたのです。

虫歯

自分を知ること

私達は1日の総消費カロリーや基礎代謝の基本などを知っておくことで、普通に食べて普通に暮らしていると、当たり前のようにカロリーオーバーになって太っていく現代日本人の現状から脱出できるのです。

必要量も知らずに無意識に食べているうちに、自然に肥満体へ向かって行く、流れを回避することができるのです。そこで必要なのは高価な機械でも何でもなく、ただ意識を向けて食べ方を変えるだけです。

今の自分の基礎代謝量や一日に必要なカロリーを知っていれば、無意識に無駄に食べ過ぎをすすめようとする「脳」に、自分で歯止めをかけられます。

まずは意識して、なりたい自分へ導きましょう。その行動が無意識になれば最強です!
マハロ~♪


ダイエット

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「ダイエット成功のカギは、意識を向けて最強の無意識を身につけること