乾燥が気になる季節のスペシャルケアとして手軽に取り入れられる「保湿パック」ですが、みなさん使用されたことはありますよね?

パックには「シートマスクタイプ」「ジェルタイプ」「洗い流さないタイプ」などさまざまなものが発売されていますが、敏感肌におすすめのパックはあるのでしょうか?

今回はプチプラから高級志向のものまで、「敏感肌でも使用できるパック」を一挙にご紹介します◎

また「保湿パックてなに?」「パックはいつするのが効果的?」といった素朴な疑問にもお答えしていくので、これから保湿パックの使用を検討している人は必見ですよ!

 
保湿パックの効果は?


保湿パックの効果は、どの種類の保湿パックを使用するかによっても若干変わってくるものですので、それぞれ見ていきましょう!
シートマスクタイプ
シートマスクタイプは、美容液を含んだシートを肌にぴったりと密着させることで、優れた保湿効果を発揮してくれます。

シートの種類にもよりますが、だいたい10分程度マスクをし、剥がした後は乳液やクリームといった普段通りのケアを行います。

「乾燥しやすい」「化粧水が肌になかなか浸透しない」という人はもちろん、より高い保湿効果を求める人におすすめ◎
洗い流す保湿パックタイプ
洗い流すタイプの保湿パックは、古い角質をやさしく除去することによって「化粧水が浸透しやすい肌に整える」「肌に必要な栄養を補う」といった目的であることが多いでしょう。

洗い流すパックが向いているのは「毛穴詰まりを起こしやすい」「吹き出物ができやすい」「肌がくすみがち」といった悩みを持っている人。

洗顔後のパックで、驚くほど肌状態が改善した人も少なくありませんよ◎
洗い流さない保湿パック
洗い流さない保湿パック、俗にいう「ナイトパック」は、就寝前に塗ることで朝まで潤いをキープしてくれるという、保湿効果に優れたパックになります。

肌細胞が再生するお肌のゴールデンタイムは22時~翌2時と考えられているので、その時間を利用した集中保湿パックケアは、特に保湿力を重視したい人には有効といえます!

洗い流さないパックは肌に必要な栄養素も多く含まれていて、翌朝の肌質の変化に驚いてしまう人も。「もうナイトパックなしでは生きていけない!」といわせるほど、優れた保湿&整肌効果が期待できるパックもありますよ♪

 
保湿パックって毎日してもいいの?


保湿パックの種類は異なっても、「肌の潤いを閉じ込めて肌を整える」という方向性はどのパックやマスクでも同じこと。そこで気になるのが「使用する頻度」ではないでしょうか?

パックの種類にもよりますが、ほとんどが「週に2日程度」「週3日の使用がおすすめ」といったように、推奨頻度がパッケージ裏や箱に記載されているものです。

洗い流すパックは余分な皮脂や角質を除去する成分が配合されているため、毎日使うと「必要なものまで洗い落としてしまう」なんてことにもつながりまねません!

逆に、「毎日使用OK」というものも存在しているので、自分の持っているパックの使用頻度は、必ずメーカーの指定した範囲を超えないように注意しましょう。

 
敏感肌さんに人気の保湿パック5選
ここでは、敏感肌さんにおすすめの保湿パックを5つご紹介します。

パックの種類によって「洗い流すもの」「パックしたまま朝まで過ごすもの」などさまざまですので、好みに合わせてチョイスしてみてくださいね♪

 
黒真珠マスク

Amazon


黒真珠マスクはタヒチ産の「黒真珠エキス」がたっぷり配合されている、シートマスク。

黒真珠には「肌細胞を活性化させる効果」が期待できるとして、エイジングケア商品や漢方薬など、多方面で使用されているほどの力があります!

そんな真珠エキスをたっぷり配合してある黒真珠マスクには、滴るほどのエッセンスが入っていて、洗顔後の肌に30分乗せておいても乾燥することはありません。

口コミでも常に上位に入っている人気マスクで、愛用者のなかからは「肌にハリがでてきた」「翌朝の肌がもちもち」「肌トーンが明るくなった」といった声がたくさん挙がっていますよ。

 
フェイスマスク 青のルルルン(もっちり高保湿タイプ)

Amazon


ルルルンだなんて、なんだか聞いているだけで楽しくなってくる名前ですよね♡

「化粧水は塗るより、貼る」というキャッチーなフレーズを掲げて、毎日の化粧水の代わりにフェイスマスクの使用を推奨しているルルルン。フェイスマスクの美容成分が、お肌のすみずみまで浸透し、乾いた肌をやさしく整えてくれます。

パックやマスクは週に2~3回程度の使用であるものが多いなか、ルルルンのパックはなんと「365日使用OK」という、今までの常識を打ち破ったパック界のパイオニア的存在といえるでしょう。

また、ルルルンのパックは種類がとっても豊富♪「バラ」「ゆず」「美白」など、お好みの香りやお肌の悩みに合わせてチョイスできるところも魅力的です!

 
クリニーク モイスチャー サージ オーバー ナイトマスク

Amazon


クリニークの化粧品は、全て皮膚科医師の協力の元で作られているという、徹底した「低刺激性」がウリです。

こちらのパックはスキンケアの最後にたっぷりとなじませ、そのまま眠るだけという「洗い流さないタイプ」です。テクスチャーはジェルとクリームの中間といったところ。敏感+乾燥という肌タイプの人でも、安心して使用することができる1品です◎

水分を角質層の奥までたっぷりと届けてくれるので、寝ている間に失われがちな潤いも朝までしっかりとキープしてくれますよ!

 
KIEHL’S SINCE 1851(キールズ) ナイト モイスチャー マスク

KIEHL’S


キールズは「パックに強い!」との口コミが挙がっているほど、たくさんのパックを発売しているメーカーです。数種類あるパックのなかでも特におすすめなのが「ナイトモイスチャーパック」です◎

こちらのパックはプルプルのジェル状で、就寝前に塗って寝るだけというズボラ女子には有難い商品。手軽に肌ケアができるのに、その効果には目を見張るものが……!

「翌日の肌の潤いが素晴らしい」「消炎効果がある」「肌が荒れ気味の日の晩に塗ると翌日の肌はしっとりと落ち着いている」といった口コミも多く、肌を潤しつつしっかりと整えてくれる優秀パックです◎

肌の色を明るく・化粧ノリもよくしたい!という人におすすめです!

 
KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)エッセンス ジェルマスク CL

KIEHL'S


続いてもキールズからゴージャスなパックマスクのご紹介♡

エッセンス ジェルマスク CLは、洗顔後に肌が隠れるようまんべんなく塗り、約5分経ったらぬるま湯でやさしくマッサージするように洗い流すという使用方法です。

週3回が使用目安とされていますが、「毎日使いたい!」という愛用者の口コミから、品質や使用感のよさがうかがえますね◎

パック後は肌の水分状態を保ちつつ、柔らかでしなやかな肌に導いてくれる高品質パック!肌がきれいな韓国の女優さんもこちらのマスクを愛用しているんだとか……♡

柑橘系のエッセンシャルオイルの香りに心まで包まれる、贅沢ジェルマスクです。

 
保湿パックを手作りする女性が増加中?


保湿パックを使用した後は、なんともいえない「お肌のプルプル感」に、何度もほほを触ってしまいたくなっちゃいますよね♡

でも、いかんせん「保湿パック=高価」になってしまいがち……。効果抜群でも、お財布の中身がなければ、パックを購入することができません。

そこで、ここでは「自宅で作れる簡単保湿パック」をご紹介します!自分で作る手間はあるけれど、お高いパックを購入する必要はなくなるかも……?

 
はちみつで簡単手作りパック♪
材料
はちみつ・ラップ
作り方
1. 洗顔後、タオルで顔の水気を拭き取る

2. 大さじ1~2杯のはちみつを顔全体に塗る

3. ラップで顔を覆い、5分ほど放置する

4. ぬるま湯でよくすすぎ、乳液やクリームで保湿する

 

はちみつには肌細胞の働きを活性化させて痛んだ細胞の修復をサポートする「ビタミンB1、B2」や、メラニンの生成を抑える「ビタミンC」といった栄養素が豊富に含まれています。

間違って口に入ってしまっても大丈夫だし、なんといってもはちみつの保湿力は抜群なんです!

とっても簡単にできるはちみつパック、ぜひ試してみてくださいね♡

 
乾燥対策には保湿パックを定期的に取り入れて!


いかがでしたか?

効率よく乾燥対策を図るためには、ここでご紹介したパックやマスクを定期的に使用するのがおすすめです◎

乾燥の激しい季節はもちろんですが、意外と春~夏にかけてもエアコンなどの影響でお肌は乾きがちになってしまうもの。もちもち肌をキープするためにも、年間をとおして「パック習慣」を身につけてみませんか?

情報提供元:ANGIE
記事名:「敏感肌さん必見♡うるおい満タン肌に導くおすすめ保湿パック5選