週末恒例!

今週(6/19〜6/25)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「そういえばこんなこともあったなぁ」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①VRで労働災害を体感!「RiMM」が登場。公式サイトも公開へ

VRニュースイッキ見_VRで労働災害を体感!「RiMM」が登場。公式サイトも公開へ

VR技術とメカトロニクス技術を合成させることで、視覚・聴覚だけでなく触覚や痛覚まで刺激して、労働災害や事故を体感できる災害体感ソフト「RiMM」が登場しました。

三徳コーポレーション情報機器部が開発した「RiMM」は、従業員の安全・安心に配慮しながら労働上の体系的な安全教育を実現します。

また、三徳コーポレーションは「RiMM」の公式サイトを6月13日に開設したことも発表しました。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179835/

②空間体験を定量化する建築デザインVR用SaaSのWebVR版「ToPologWEB」の提供開始

VRニュースイッキ見_空間体験を定量化する建築デザインVR用SaaSのWebVR版「ToPologWEB」の提供開始

VRで視線脳波等を解析し、空間体験価値を定量化するVR⽤SaaS「ToPolog」のWebVR版となる「ToPologWEB」の提供がスタートしました。

ToPologWEBを提供するジオクリエイツによると、新規・既存のWebVRに連携させることで、マーケティングに有用なデータを自動取得・解析することができます。

パンデミック下で様々な業種のVR化・DX・デジタルツインが急速に進んでいる状況で、新しい生活様式の中でも活用できるデータ蓄積・応用をサポートするツールです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179880/

③HTCがリモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」を発表!VRChat等と提携

VRニュースイッキ見_HTCがリモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」を発表!VRChat等と提携

6月17日、HTCはエンタープライズ向けにリモートワーク支援ツールセット「Vive XR Suite」を提供開始することを発表しました。

Vive XR Suiteはミーティング、バーチャルオフィス、ソーシャルなどの5つアプリを1セットにまとめたもので、企業がリモート作業やコラボレーションを簡単に立ち上げて実行できるのが特徴です。

これらはVR ChatやENGAGEなどの外部の既存プラットフォームと提携しておりいずれのアプリも非VRユーザーであってもPCやスマホからログインできるようになっています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179797/



④VR空間全体を使ってプレゼン!「キネトスケイプ」が発表に。Oculus Questに対応

VRニュースイッキ見_VR空間全体を使ってプレゼン!「キネトスケイプ」が発表に。Oculus Questに対応

臨場感あふれる「VR体験」を活用して自社の事業やプロダクトへの理解と感動を促すVRプレゼンツールが登場しました。

ハシラスが6月19日に発表した「キネトスケイプ」は、通常のプレゼンで使うスライド資料のほかに3Dオブジェクトや360°映像を使うこともでき、VR空間でプレゼンできる強みを活かすものです。

さらに、プレゼン会場となるVR空間も切り替えができて、スタンドアロンVRゴーグルのOculusQuestに対応しているためそうしたVR空間を自由に歩き回ることもできます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179898/

⑤海外のVRグローブ新製品が上陸!「Manus Prime Ⅱ」シリーズが7月に発売へ

VRニュースイッキ見_海外のVRグローブ新製品が上陸!「Manus Prime Ⅱ」シリーズが7月に発売へ

6月17日、電子パーツ輸出入及び国内販売のゼロシーセブンは、オランダ・Manus VR社のグローブ型VRデバイス「Manus Prime II」シリーズの取り扱いを開始したくと発表しました。

今回国内販売が決まった「Manus Prime II」シリーズは、指ごとに2つの関節を測定するフレックスセンサーと、高性能慣性計測ユニットによる11DOFトラッキングが搭載されているため、VR空間で手や指の動きをリアルタイムにストリーミングすることが可能です。

7月の販売開始に合わせて「BUY 1 PRIME GET 1 NEW PRIME II FREE」キャンペーンが実施されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-179784/

まとめ

今週前半はビジネス用VRツールの話題が中心となりました。

パンデミックの影響でビジネス分野でのVRインフラの整備が急速に進んでいます。

当初は止むを得ずという感じで導入に踏み切った企業も少なくないはずですが、継続的にVRを利用する企業も多いようです。

コロナ禍によるリモートワークがVRの可能性に気付く機会になったのではないでしょうか。

一過性の流行ではなく、ビジネスの必須のインフラとしてVRが位置付けられる日が近いように思います。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!【前編】「VRグローブ『Manus Prime Ⅱ』シリーズが7月に発売へ」など注目記事を振り返り!!