株式会社ジョリーグッドは、同社が提供する外国人材介護教育VRサービス「CareVR」(ケアブイアール)が、インドネシア最大規模の人材データベースを保有する人材紹介会社セティア マネジメント株式会社の提携する送り出し機関に導入されることを発表しました。


外国人材介護教育VRサービス「CareVR」とは?


「CareVR」は、日本が世界に誇る介護技術を、来日前に自宅にいながらVRでトレーニングすることができる外国人労働者向けの教育ソリューションです。

今回のインドネシアへの導入は、ベトナム、ミャンマーに次ぎ、3か国目となります。

さらに、日本にいる講師がインドネシアの自宅にいる受講者らに、海を越えて一対多のオンラインVR授業を実施するのは、これが史上初の取り組みとなっています。

▲日本とインドネシアを繋ぐ、オンラインVR授業のイメージ

遠隔で一対多のVR授業を実現!「多接続リモートVR教育システム」

「多接続リモートVR教育システム」では、集合が難しい場合に、受講者を一箇所に集めることなく、講師が自宅にいる受講者のVRゴーグルを操作して一斉オンラインVR授業を実現することが可能です。

本システムにでの「リモートVR授業サービス」は、zoomやGoogle Meetなどのオンライン会議システムを組み合わせ、注視してほしいポイントをタブレットに描画し、受講者のVR空間に共有するアノテーション機能などにより、VR空間でも直感的でスムーズな授業の進行を実現します。

▲アノテーション機能

▲多接続リモートVR教育システム

インドネシアへ導入開始!VRが言語を越えた実習体験を提供

インドネシアでは、新型コロナウイルスの影響で国がオンラインでの教育を推進しており、大学や送り出し機関では、すでにオンライン授業の導入が開始されています。

介護の教育は、入浴や移乗などの『介助技術』に加え、相手の気持を配慮した『コミュニケーション』についても学習する必要があります。

また、現在のオンライン授業では、介護現場をシミュレーションした実習が行えず、質の高い教育を提供できないことが課題となっていました。

これまでの現地教育でも、受講者に日本のリアルな介護現場をイメージしてもらうことが難しく、技能の習得までには多大な時間を要しています。

さらに、オンライン授業では『コミュニケーション』についての課題が浮き彫りになっています。

VRで当事者目線の体験を

インドネシアでは、オンライン授業は普及し始めていますが、介助技術などの実習が行えないことが外国人労働者教育を行う上で課題となっていました。

CareVRのリモートVR教育システムにより、当事者目線でのVR体験トレーニングを実施することが可能になります。

オンライン授業でありながら、VRでリアルな実習プログラムを組み込むことができるようになりました。

「CareVR」概要

CareVRでは、実際の日本の現場でのリアルな介護の流れを、介護士や高齢者の視点で360度体験学習ができます。

またCareVRは、昨年開催された第16回日本eラーニング大賞にてグランプリを受賞した、介護研修VRサービス「ケアブル」を外国人労働者向けに再構成して開発されたシステムです。

コンテンツには、テキストでは理解しにくい暗黙知などの「コミュニケーション」、入浴や食事などの「介助技術」などがあり、日本式介護技術の習得を効率化することができ、より一層充実した教育を行うことができるようになります。

また、日本への入国前に日本のリアルな介護現場をVR体験することで、就業後の早期退職の防止や日本文化へのスムーズな順応も期待されます。

提供対象と費用について

対象:国内外の教育機関、日本語学校、送り出し機関、国内の外国人労働者受け入れ施設など

価格:月額15万円〜 ※詳細はお問合せください

詳細:「CareVR」公式サイト

導入のメリット

1.介護職員と利用者の両方の視点で介護現場の体験ができる

2.短い時間で理解・習得ができる

3.利用者の目線や気持ちが理解できるようになる

4.「気づき」を育成できる

5.質の高い教育を幅広く提供できる

コンテンツ例

▲左から、コミュニケーション、介助技術、日本式介護の概念




CareVR体験者・関係者のコメント

ジョリーグッド社とセティア マネジメント社では、介護施設の協力のもと、将来介護士を目指すインドネシア人5名にリモートVR授業を実施しています。

現役の日本人介護スタッフを講師にとし、受講者は講師とは離れた場所にいながらコミュニケーション技術や介助技術などのコンテンツを視聴するオンラインVR介護授業体験が行われました。

体験者コメント

ギランさん

今日VRで見たものはまさに介護現場そのものでリアル。

インドネシア人は介護職に馴染みがないので、勉強する時テキストだけでは想像しにくいが、このVRを使えば理解がしやすくなると思う。

早くインドネシアに導入して欲しい。

イヴァナさん

利用者さんの視点を疑似体験することで、どうやって介護をしたら利用者さんが喜んでくれるのかを理解することができました。

アユさん

ものすごい臨場感!テキストだけだと分かりにくいことがVRだと簡単に理解することができます。

アナスさん

遠隔で授業ができるのは素晴らしい。

内容も分かりやすく、項目によって英語の説明もあった。

特に今のようなパンデミック時期にはとても貴重な学習ツールだと思う。

引用元:「CareVR」プレスリリース

関係者コメント

介護施設 施設マネージャー 石澤さん

利用者さまや介護士の視点で学習が出来るので、介護現場で働いたことのない方にとっても教育がしやすくなると思います。

育成プログラムでVR学習をして頂けるのは、人材と受入れ側のどちらにとってもメリットが大きいと思います。

フロアーマネージャー 真辺さん

まるで現場のような臨場感があり、テキストのみで学習するより遥かに学習効率が増すと思います。今後もコンテンツを増やして頂けると、実際の介護現場で役立つことが増えるので期待をしています。

セティア マネジメント代表取締役 矢部将勝さん


あまり知られていませんが、インドネシアはEPA(経済連携協定)による介護人材の最初の送り出し国であり、EPA介護福祉士の受け入れ人数でも世界ナンバーワンの介護人材の宝庫です。

しかし国民の平均年齢が29歳と若く、介護という仕事が身近ではない環境で、座学だけで理解するのは大変です。

そこでVRを使えば、臨場感を持って現場を「体感」し、海外にいながら実践的理解を深めることができると思いました。

現在のコロナ禍では、インドネシアでも大規模社会的制限(PSBB)により、多くの学生達が自宅待機を強いられています。

彼らの「学び続けたい」という期待に応えたいと思ったのがVR導入の大きな理由の1つです。

VRがあれば場所も時間も選ばず、効率的な学習を継続できる。

正にwith/afterコロナのニューノーマルの世界においてVRこそが学習の最適解だと考えています。

引用元:「CareVR」プレスリリース

VR体験会の様子

インドネシア語版

今後の展開について

ジョリーグッド社は、今年7月末に現地インドネシアの送り出し機関インドネシア研究センター(PT. SAHABAT JEPANG INDONESIA)に通っている生徒5人の自宅と、日本にいる講師を繋ぎ、一斉リモート操作でのVRを使ったオンライン授業の実施を予定しています。

日本にいながら現地の介護教育を実施することで、海外の講師不足の解消にもつながり、より充実した教育環境を整えることができます。

今後は、同時接続可能な人数の拡大や、新たなシステムの開発を進め、インドネシアの外国人労働者の教育向上を目指し、送り出し機関や日本語学校、大学、そして国内で外国人労働者を受け入れる介護施設へのサービス提供が予定されています。

詳細・問い合わせ:ケアブル サービスサイト

まとめ

リモートで実習授業ができるのは、VRならではですね。

介護者の視線も利用者の視線も体験でき、リアルなコミュニケーションをVRで体験できることは、リアルな実習で行う生徒同士で行うトレーニングよりもリアルな体験と言えるのではないでしょうか。

人材不足に加え、コロナ禍にある現状では、「リモートVR授業」は様々な業種や教育現場で活用されそうですね。
ソース:「CareVR」に関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「講師は日本!生徒は海外!日本式介護をリモートVRで学ぶ「CareVR」インドネシアで始動