学校法人滋慶学園 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校(TSM)は、高等課程に2021年4月、「ヴァーチャル・パフォーマーコース」を開講することを発表しました。


新コース設立の背景

VR・ARなどXR技術が広く普及し始めた昨今、パフォーマーの活躍の場も3次元の世界からヴァーチャルの世界へ広がりを見せています。

マンガ・アニメ・ゲーム等のコンテンツも、リアルと融合する2.5次元化が進んでいます。

XRを活用した新たなライブコンテンツには変身願望やアバター、リアルタイム性やコミュニティ機能など、これまでにないユーザー体験が求められ、『並行現実(パラリアル)』と呼ばれる

・デジタルとアナログ

・過去と未来

・機械と人間

といった、モノや次元が行き来する時代がすぐそこまで来ています。

「ヴァーチャル・パフォーマーコース」は、この新しいヴァーチャル空間で活躍できるパフォーマーを育成していきます。

「ヴァーチャル・パフォーマーコース」とは?


新コース「ヴァーチャル・パフォーマーコース」は、YouTubeやTwitterなど、SNSに代表されるネット空間や、AR・VR・現実と仮想が影響し合う新たな空間(MR)といったヴァーチャル空間に魂を吹き込む『ヴァーチャル・パフォーマー』を育成することを目的に開校されます。

TSM高等課程では、VR機材やCGソフトをはじめとするさまざまな最先端技術を導入し、さらに、これまで数多くの人材をエンターテインメント業界へと送り出してきたノウハウを駆使した教育システム・環境で、10代の夢をサポートします。

主な授業内容

アナログ・パフォーマンス

ヴォーカル / 演技・芝居 / ダンス / 発声・滑舌

デジタル・パフォーマンス

キャラクター制作 / 動画編集・配信 / 台本制作 / ネット・リテラシー

テクニカル・パフォーマンス

HMD操作 / モーションキャプチャーを使ったパフォーマンス / VR機材 / CGソフト

目指せる職業

V-Tuber、ヴァ―チャル・シンガー、ヴァーチャル・アイドル、歌い手、踊り手、コスプレイヤー

詳細:ヴァーチャル・パフォーマーコース紹介ページ



東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校について

1987年、東京・西葛西に音楽・デザイン・広報分野のクリエーター養成校として、「東京コミュニケーションアート専門学校」として開校。

音楽&エンターテイメント業界とともに「即戦力」となる人材を育成し、輩出している音楽・エンターテイメントに特化した総合専門学校です。

業界が求める力を持った人材を育成するために、第一線の企業やプロフェッショナルとともに行う実践授業「企業プロジェクト」を通じて、コンサート制作、楽曲制作、バックダンサー出演、テレビ・ラジオ・舞台出演など、リアルな仕事の現場でスキルを磨くことができます。

さらに、講師を務めるのは業界の第一線で活躍しているプロフェッショナルばかりで、業界の最先端を学べる環境が整備されています。

▼東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校ホームページ

専門課程 / 高等課程

まとめ

今春から5Gもスタートし、エンターテイメントの世界も大きく変わろうとしています。

また、感染症拡大の影響でリアルに集うことができない中、VR空間でのライブやイベントも増加してきています。

TSM高等課程は、中学卒業後から学べる専門学校で10代の柔軟な発想でVRなどの最先端技術を学びヴァーチャル・パフォーマーが育っていくと考えるとワクワクしますね。

ソース:「ヴァーチャル・パフォーマーコース」関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「ヴァーチャル空間で活躍!TSMに「ヴァーチャル・パフォーマーコース」誕生