Holoeyes株式会社は、医療用画像表示サービス「Holoeyes MD」について、管理医療機器(クラスⅡ)認証を取得し、医療用画像処理ソフトウェアとして2020年に販売開始予定であることを発表しました。


「Holoeyes MD」について


「Holoeyes MD」は、人体のCT・MRI検査で得られた3Dデータを、VRとして立体モデルとして体験できるサービスです。

医療におけるコミュニケーションは専門性が高く、特にCT・MRI等の医用画像の解釈は熟練を要します。

現状では、人体のCT・MRI検査で得られた3Dデータを2D画面で確認し、医師の経験をもとに立体的に捉えています。

そのため、

熟練医師若手医師

医師患者・メディカルスタッフ・学生等

との間に、情報の非対称性や認識の齟齬が生じやすいという課題があります。

これは日本においてだけでなく、世界共通の課題であり、また、大きな地域医療格差を生んでいます。

「Holoeyes」は、医用画像から得た3Dデータを活用し、国籍や言語、地域に関係なく、誰でも医療データにアクセスできる世界の実現を目指しており、さらにHoloeyes社は医療格差問題の解決をビジョンとして掲げています。

Holoeyes社は、SDGsの目標のひとつである「すべての人に健康と福祉を」の達成に貢献するため、このビジョンに賛同する全国のパートナー企業と提携し、企業間の壁を越えて相互送客するなど、これまでの常識を越えたパートナーシップを築いていくとしています。




医療機器認証に関する情報

一般名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム

販売名:医療用画像処理ソフトウェア Holoeyes MD

認証クラス分類:管理医療機器(クラスⅡ)

認証番号:302ADBZX00011000

認証日:令和2年2月28日

詳細・問合せ:Holoeyes

まとめ

CT・MRI検査による医療用画像データは3Dモデルとして構築されますが、現状ではパソコンの平面モニターで2D情報として表示されます。

画像を立体的に読み解く作業は医師の頭の中で行われます。

そのためこの作業は、医師にとって大きな負荷がかかり、また、2Dデータからは推測しきれない立体構造の情報不足なども医療事故や教育の場で大きな問題となっています。

「Holoeyes MD」が医療機器として、現場に普及すれば、医療の向上や医療教育に大いに役立つでしょう。

ソース:医療用画像表示サービス「Holoeyes MD」に関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「医療用画像表示サービス「Holoeyes MD」が医療機器認証取得!2020年発売へ