南あわじ市は、2015年に出土した「松帆銅鐸」の時代を体験できるVRコンテンツをあわじ市教育委員会と凸版印刷株式会社と制作し、南あわじ市滝川記念美術館 玉青館にて常設展示することを発表しました。


100年に一度の大発見!「松帆銅鐸」とは?


「松帆銅鐸」は、2015年春に兵庫県・淡路島の南あわじ市で出土した大小7点の銅鐸です。

その中には全国的にも非常に出土例の少ない最古段階の貴重なものも発見されていました。

さらに、銅鐸内に吊り下げる青銅製の棒(舌)が一緒に発見されたことで、お祭のときだけでなく、銅鐸は日常的に鳴らしていたかもしれないと推測され、驚きのニュースとして報じられました。

VRで弥生時代にタイムトリップ


この松帆銅鐸が使われていたころの弥生時代の人々の暮らしぶりは、どんなものだったのか、南あわじ市教育委員会と凸版印刷株式会社により、太古の歴史への関心を喚起し、弥生時代の魅力や生活を追体験できるVRコンテンツが制作されました。

「輝く銅鐸のひびき」と題された約20分間のVRコンテンツは、銅鐸キャラクターと一緒に学べる工夫がこらしてあり、子供から大人まで世代を問わず臨場感あふれる体験を楽しむことができます。

制作されたコンテンツは、VRヘッドセットを装着して体験します。


コンテンツでは、淡路島の日本遺産ストーリーを伝える映像が流れた後、軽くジャンプするとVR空間の景色が弥生時代にタイムスリップ。

弥生時代の住居や生活の様子が、360°のビジュアルで体験できます。

稲作や海辺、住居内や祭りの様子や銅鐸の音色も体験できます。




さらに「クイズ」を楽しむことができます。




南あわじ市で実物展示も開始

全国で初めて「入れ子の銅鐸」の中に「舌」が見つかる大発見となった「松帆銅鐸」。

約5年を要した調査がようやく終わり、南あわじ市滝川記念美術館玉青館では保存処理が終わった銅鐸から段階的に松帆銅鐸の実物展示が開始されます。

これまで南あわじ市で発見された青銅器とあわせた展示は、歴史に関心がない人にとっても、新たな発見をもたらす展示となっています。

また南あわじ市内では松帆銅鐸や古代をテーマとした様々なグッズも販売されています。

南あわじ市滝川記念美術館 玉青館で常設

VRコンテンツは、南あわじ市滝川記念美術館 玉青館 で常設されています。

南あわじ市滝川記念美術館 玉青館概要

住所:〒656-0314 兵庫県南あわじ市松帆西路1137番地1

開館時間: 9時~17時(入館受付は16時30分まで)

体験時間:約20分(対象年齢は7歳以上)

体験料: 1回 300円(大人、小人共通)※別途入館料が必要

休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館

入館料: 大人 300円 / 大学・高校生 200円 / 小・中学生 100円

まとめ

凸版印刷株式会社は、貴重な文化財のVRコンテンツを数多く手がけており、今回制作されたVRコンテンツ「輝く銅鐸のひびき」も期待されます。

弥生時代の体験ができるのも魅力的ですが、銅鐸の音色を聞くことができるのは、VRならではの体験であり、ユニークな展示ですね。

ソース:VR「銅鐸のひびき」に関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで銅鐸の時代にGO!淡路島で発見された「松帆銅鐸」の時代をVRで体験