dragonfruit株式会社は2020年3月5日(木)、バーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」を国内で初めて、クラーク記念国際高等学校へ導入したことを発表しました。


「Labster」について

「Labster」とは、教育スタートアップ大国デンマークの企業Labster社が開発した、VRを活用したバーチャル理科実験プラットフォームです。

生徒は、普段の対面授業では体験できない最新の研究設備を使った細胞生物学や分子生物学などの理科実験を、VRを使って体験することができます。

「Labster」を利用することで、

・高価な最新の実験ができる

・研究設備の購入費用の節約が可能

・ハーバードメディカルスクールやカリフォルニア州立バークレー校などが監修したトップスクール発のコンテンツが導入できる

というメリットがあります。

Labster社が開発した100を超えるバーチャルラボは、マサチューセッツ工科大学やボストン大学、アリゾナ州立大学をはじめとする世界各地250を超える教育機関で利用されており、デンマークの教育省からも資金提供を受けるなど、国際的に大きな評価を得ています。

またコペンハーゲン大学での実験では、知識だけでなく動機や自己効力認識の高まりにも効果があると言及されており、対面学習との組み合わせにより学習効果が高まるとして注目されています。

導入の背景

今回のLabsterが導入されるのは、クラーク記念国際高等学校の

・東京キャンパス(ペット生命科学コース)

・大阪梅田キャンパス(理数探求プログラム)

です。

クラーク記念国際高等学校は「夢・挑戦・達成」を行動指針として1992年に開校された広域通信制の高等学校で、北海道深川市に設置された北海道本校を始め、日本各地のキャンパスで学ぶ約10,000人の生徒に一人ひとりの才能開花を目指す教育が行われています。

通信制でありながら毎日学校に通う「全日型通信制」という特徴的なカリキュラムを活用し、これまで多くの生徒の能力を飛躍的に向上させてきた実績があり、生徒の「好き」や「得意」を伸ばすという教育方針に、最新設備での仮想実験を体験できるLabsterのハイブリット型教育モデルがマッチしたことで導入に至っています。

これまでにクラーク記念国際高等学校では、

・国際目標のSDGsを取り入れたキャリア教育

・タブレットを活用したICT教育

を推進するなど、時代の変化に合わせた教育がいち早く取り入れられています。

それらプログラミング教育など情報系の分野で進んでいたICT教育に対し、

・自分で学び理解する力を育てる「STEAM教育」

・仮想空間と現実空間が融合し経済発展する社会「Society5.0」を見据えた新しい学び

であるLabsterの実践的な教育モデルが、今後は生物・物理系の分野を補完するものになるとして期待を寄せています。

また、キャンパスの多くは通信制高校では珍しく独立校舎を設置していながらも、実験室など専門的な設備が揃っておらず、高大連携など外部施設での実習でこの問題を解決してきた背景があり、仮想空間での学習を組み合わせることによって、今後は、時間的な制約やコスト面・安全面の問題で実現できなかった実験にも取り組むことができるようになると考えられています。

試験導入時の授業の様子(東京キャンパス:ペット生命科学コース)




導入担当の教員コメント

クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス 理科教員 石川舜 氏は、

Labsterの導入にあたり、大きなメリットだと感じたのは「いくらでも失敗できる」という点です。

生徒にはぜひ多くの失敗経験から、たくさんのことを学んで欲しいと思います。

また、高校教育では取り扱いが難しい「放射性物質」や「感染性物質」を使った実験ができるという点、実験時間を早送りすることができるという点にも注目しています。

Labsterでの実験と、リアルの場での学びを組み合わせ、より良い学習成果をあげられるよう模索していきたいです。

引用元:Labsterプレスリリース

とコメントしています。

クラーク記念国際高等学校について

「Boys, Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ唯一の教育機関として1992年に開校、現在は全国に教育を展開しています(北海道本校:北海道深川市)。

校長は開校以来、エベレスト3度目の登頂に成功した三浦雄一郎氏が務めており、通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入しています。

さらに、カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせた様々な特徴ある授業が展開されています。

まとめ

今回「Labster」導入を発表したクラーク国際高校では、これまでもARを活用した体育の特別授業を行うなど、積極的に新しい学習スタイルを導入し、柔軟なカリキュラムで生徒のニーズに合わせた特徴ある授業が展開されています。

高価な研究設備で最新実験がで行えること、取り扱いが難しい物質を使った実験が可能なこと、何度も失敗できること、それらに伴う時間やコストも削減できるなど本当にたくさんの魅力があるVRの理科実験で、生徒のさらなる探求心向上と学習成果の向上が期待されます。

ソース:「Labster」に関するプレスリリース[PR Times]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで理科実験!バーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」クラーク記念国際高校で初導入