Holoeyes株式会社は2020年2月14日(金)、特許取得のVR医療機器「HoloeyesXR」について、共立医科器械株式会社と販売パートナー契約を締結したことを発表しました。

全国の販売網を43都道府県として、2月中に47都道府県すべての販売網を確立するとしています。


提携の背景

専門性が高い医療コミュニケーションは、

ベテラン医師と若手医師、

医師とメディカルスタッフ、

医師と医学生、

医師と患者、

との間に情報の非対称性が生じやすいという課題を抱えており、世界共通の課題のひとつととも言われています。

Holoeyes社では、この医療課題を解決するべく、Holoeyes社のビジョンに共感を抱いたパートナー企業と提携し、医療コミュニケーションのIT化を進めるほか、各パートナー同士が企業の垣根を越えて相互送客をする等、これまでの常識の枠を越えたパートナーシップを築いています。

Holoeyes社は、患者の

・CTデータ

・MRIデータ

から3次元のVRやMRのアプリケーションを生成する「HoloeyesXR」を活用し、医療コミュニケーションを革新するクラウドサービスを展開しています。

「HoloeyesXR」について、今回の共立医科器械社との提携により、これまで秋田県のみだった東北地方の販売網に、新たに青森県及び岩手県を追加し、2020年2月中には47都道府県すべての販売網を確立したいとしています。

今後もより多くの人にVRでの医療コミュニケーション革新を体験してもらうとともに、勉強会や研究会、学会での展示を、パートナーとも連携しながら、積極的に進めていくとしています。




HoloeyesXRとは

HoloeyesXRは、患者のCTデータやMRIデータから3次元のVRやMRのアプリケーションを生成し、医療コミュニケーションを革新するクラウドサービスです。

医療の現場では、3次元的立体構造物である人体を、CT/MRIなどによって撮像された2次元データに落とし込み、医師は自身の知見だけを頼りに脳内で3次元映像化したり、汎用画像診断ワークステーションソフトウェアを用いて、3次元モデルを構築したのち、PCの平面モニターでそれを閲覧して脳内で3次元構造物として把握し、手術に臨んでいるのが現状です。

しかしこの作業は、医師にとって大きな負荷であると同時に、2次元データからは推測しきれない立体構造の情報不足なども医療事故の原因になっていると考えられています。

また、非言語情報のため研修医・医学生らの教育的ハードルも高く、患者説明の場においても病状・術式説明に多くの労力が支払われています。

この状況をVR/MRなどのテクノロジーによって解決できるのではないかとの考えから、「HoloeyesXR」開発されました。

2018年4月の発売以来、すでに50以上の医療施設にて導入されており、

・患者への説明

・教育などの現場

にて活用され、その成果が各種学会でも発表されています。

■ サービスサイトHoloeyesXR

まとめ

VR/MR技術によって患者データを閲覧できることで、2次元のモニター上では十分にわからなかった領域の理解が格段に高まり、医師同士が情報共有ができるようになり、手術時のリスク低減や、経験の浅い医師の理解度を高める大きな役割を果たしています。

VR/MRのサービスは、多様な機器を利用することの複雑さなどまだまだ課題はありますが、医療領域において近い将来なくてはならないものになる可能性を秘めていて、今後も新たな医療コミュニケーションツールとしてソフトやハード面での発展によって医療現場に革新がもたらされることが期待されています。

ソース:「Holoeyes&共立医科器械 販売パートナー契約締結」に関するプレスリリース[PR Times]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR医療機器「HoloeyesXR」全国47都道府県展開へ!Holoeyesと共立医科器械が提携