週末恒例!

今週(11/22〜11/28)で注目を集めた10記事を土日の2日間に渡ってお届け!

「そういえばこんなこともあったなぁ」

っていう情報があるかも?

それでは早速前半5記事見ていきましょう!


①現実世界でマイクラ三昧!ARアプリ「Minecraft Earth」が日本でも登場!

VRニュースイッキ見_ARアプリ「Minecraft Earth」が日本でも登場

11月20日、AR技術を使って現実世界でMInecraftを遊ぶことができる「Minecraft Earth」のアーリーアクセス版が日本国内でも配信が開始されました。

今年の春に発表されて以降、世界中のユーザーが注目していたタイトルだけに、日本のマイクラファンからも日本語対応を喜ぶ声が多いようです。

「Minecraft Earth」は基本無料で、iOSとAndroidの両方でプレイすることができます。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171179/

②病院内の案内表示をスマホでAR翻訳!「Hospital Compass」の実証実験開始

VRニュースイッキ見_「Hospital Compass」の実証実験開始

日本国内に居住・滞在する外国人が多くなるにつれ、病院内の案内表示を適切に外国語で表示する必要がありますが、専門用語の翻訳は難しくスタッフの案内に頼らざるを得ません。

そこで、テクノブレイブは国立国際医療研究センターと共同で、ARを使って病院内の案内板全体を翻訳するアプリ「Hospital Compass」を開発し、実証実験を開始しました。

「Hospital Compass」は英語・中国語・韓国語・タイ語などに対応し、既存の案内板の修正や架け替え工事をすることなくAR表示によって病院内の案内板を独自方式で各国語対応することが可能です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171191/

③3D設計データをAR/MRに自動変換!「mixpace」のiPad対応版が12月3日にリリース!

VRニュースイッキ見_「mixpace」のiPad対応版が12月3日にリリース

3D CADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRに変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のiPad対応版がリリースされることがわかりました。

誰でも簡単に3D CADやBIMで作成したデータをAR/MRに変換できるミクスペースでしたが、これまで対応デバイスがMicrosoft HoloLens のみという難点がありました。

今回iPadに対応したことで操作がより簡単になり導入するハードルも下がるので、ミクスペースを導入する企業のさらなる増加につながることが期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171149/



④スマホをセットするだけでVR体験ができる!折りたたみ式VRゴーグル「MED-VRG5」発売

VRニュースイッキ見_折りたたみ式VRゴーグル「MED-VRG5」発売

スマホをセットするだけで簡単にVR体験できる折りたたみ式VRゴーグル「MED-VRG5」が登場しました。

PC周辺機器メーカーのサンワサプライが開発したMED-VRG5は、簡易な見た目でありながら、目幅・ピント調整ができ、メガネ対応しているなど本格的なVRゴーグルと変わらない使用感でVRを体験することが可能です。

また、持ち運びや収納に便利な折りたたみタイプであることから、動画の視聴やゲームはもちろん、展示会等でのVRを活用したプロモーションや、教育研修プログラムや体験訓練など様々なシーンでの利用が期待されています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171265/

⑤救命救急の切迫感をVRで再現!実際の現場を収録し教材化した「救命救急VR」リリース

VRニュースイッキ見_救命救急の現場を収録し教材化した『救命救急VR』リリース

11月21日、ジョリーグッドは救命救急の現場を高精細VRサービス化した「救命救急VR」を日本医科大学附属病院高度救命救急センターと共同で開発したことを発表しました。

「救命救急VR」は実際の患者の集中治療を、360度カメラで収録し、症例とその治療法をVR教材化したもので、従来の2Dカメラでは追えなかったスタッフ全員の動きを高精度360度カメラで捉え、現場がリアルに再現しています。

また、京都科学と業務提携し「救命救急VR」と各症例に合わせた医療教育用シミュレータと医療教育用シミュレータ練習法VRのセット販売を開始したことも併せて発表されました。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-171207/

まとめ

今週前半はVRとARの新しいサービスの話題が中心になりました。

その中でも、今回はVR・ARの医療現場での活用事例が目立つ印象があります。

もともとVR/ARは医療現場での活躍が期待されていましたが、実際に役にたつという事例が増え医療に欠かせないものとなっていけば、さらなる普及や発展に弾みがつくものと思われます。

今後も医療系VR/ARのニュースが登場してくることに期待したいですね。

注目のニュース記事、後半の残り5記事は明日公開します!

お楽しみに!









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!【前編】「救命救急の現場を収録し教材化した『救命救急VR』リリース」など注目記事を振り返り!!