合同会社Yspaceは2019年10月11日(金)、茨城大学の野澤恵研究室の協力により、太陽の表面で生じる爆発現象「太陽フレア」が人工衛星等に与える影響を体験学習できるスマートフォン用のVRコンテンツ「宇宙天気VR」を開発したことを発表しました。


「宇宙天気VR」について

「宇宙天気VR」は、太陽の表面で生じる爆発現象「太陽フレア」が人工衛星等に与える影響を体験学習することができるスマートフォン用のVRコンテンツです。

地球では、太陽フレアによって宇宙空間に放出される電磁波や粒子はオーロラとして観測されますが、人工衛星に搭載された電子機器の動作不良を引き起こします。

その現象を、今回開発されたコンテンツ「宇宙天気VR」ではスマートフォンを使用することで手軽に体験することができます。

「宇宙天気VR」開発の背景

「宇宙天気VR」の開発は、茨城県が進める「平成31年度いばらき宇宙ビジネス支援事業」のひとつとして進められたもので、民間企業、県、大学という産官学連携による取り組みとなります。

宇宙物理学を専門にする茨城大学大学院理工学研究科 野澤准教授の研究室の協力のもと、宇宙に関連するVRコンテンツ制作を手掛けるYspace社によって開発されました。

「宇宙天気VR」は、2019年9月23日(月)に東京・六本木ヒルズで開催された、東京シティビュー×アカデミーヒルズ「宇宙を感じる 1day カレッジ」にて公開され、国内の多くの参加者からの盛況を得ています。

六本木ヒルズでのお披露目会の様子




「宇宙天気VR」利用方法

「宇宙天気VR」は、体を傾けることで宇宙船を操縦しながら、太陽フレアによって宇宙空間に放たれた有害なプラズマ粒子を避けるという内容です。

まとめ

宇宙VRコンテンツの開発を通じて、「人」と「宇宙」をつなぐ体験の提供を行う宇宙スタートアップYspaceが、太陽活動によって決まる地球周辺環境の様子「宇宙天気」とその影響に関する研究を行なっている茨城大学 野澤研究室の協力を得て、宇宙天気のアウトリーチを目指したVR作品を開発しました。

現在当たり前の地球天気予報ですが、これからは宇宙の情報をもとにした宇宙天気予報の時代へ変化していくかもしれません。

今後は、有識者からのフィードバックをもとにコンテンツ内容の修正が行われ、今年度内を目標にスマホアプリとして一般向けに配信される予定です。

ソース:プレスリリース[value-press]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで太陽フレアの学習を!スマホで体験できる「宇宙天気VR」開発