KDDI株式会社と凸版印刷株式会社は、第5世代移動通信システム「5G」時代における新たな空間コンピューティングへの取り組みとして、スマートグラス「NrealLight (エンリアルライト)」を活用した実証実験を2019年10月14日(月)より開始したことを発表しました。


実証実験について

今回KDDI社と凸版印刷社によって実施される実証実験では、Nreal社が開発した次世代型MRグラス「NrealLight」を活用し

・技術実証

・市場の受容性

の検証が行われます。

5G普及がもたらす変化を見据え、XR技術による時間と空間を超える体験の創出に向け実施されるものです。

実験内容

XR技術とアミューズメントの組み合わせによる新たな体験価値を創出し、場所にとらわれず、IT技術を活用して、あらゆる場所で人々に日本の文化財の魅力を体験してもらうことを目的とし、

・KDDI社の開発環境

・凸版印刷社の文化財デジタルアーカイブやVR技術

を用いて、「NrealLight」に最適化した「AR Museum――国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱」が開発されます。

実験で使用される「nreal light」は、

・USB-Type Cケーブルを使用したスマートフォン

・nrealコンピューティングユニット

等に接続することにより使用することができます。

2019年10月14日(月)より幕張メッセにて開催される「CEATEC 2019」のKDDIブースにて展示およびデモンストレーションが実施されます。

「AR Museum――国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱」について

「AR Museum――国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱」とは、国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」をテーマにしたVR作品『日本工芸の名宝 色絵月梅図茶壺・八橋蒔絵螺鈿硯箱』を「NrealLight」を用いて鑑賞するデジタルコンテンツです。

東京国立博物館が所蔵する国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱」は、江戸時代後期に尾形光琳によって作成された硯箱で、外側は「伊勢物語」の一節三河の国八つ橋の情景が描かれ、内は光琳波と呼ばれる意匠で装飾されています。

光琳波は当時、最先端のデザインとして人気を博しましたが、博物館の展示では閉じた状態で展示されることが多く外側しか見ることができませんでした。

引用:プレスリリース

今回は「NrealLight」向けデジタルコンテンツにより、あたかも目の前に硯箱があるかのように、内側の意匠も鑑賞することができるようになります。

VR作品『日本工芸の名宝 色絵月梅図茶壺 八橋蒔絵螺鈿硯箱』 監修 東京国立博物館 制作 凸版印刷株式会社





「NrealLight」について

「NrealLight」(エンリアルライト)は、中国・北京に本社を置くNreal Ltd.社が開発した、次世代のMRグラスです。

メガネ型の高いデザイン性と88gという軽量さが特徴のモデルで、本体に搭載された3基のカメラによって空間を認識し、現実世界にデジタルな物体や情報を重ね合わせて表示します。

2020年に日本での一般販売が予定されており、一般発売の価格は499ドルで、これまでのMRグラスよりも非常に安価であることでも話題を呼んでいます。

(https://www.nreal.ai/specs)より

まとめ

実証実験では、最新デジタル技術の活用と通信とデバイスの組み合わせで、場所を限定することなく国宝を手元に再現・鑑賞できるようになりました。

今後の5G時代では、新たなコミュニケーションや空間コンピューティングが可能になることに加え、スマートグラス等のデバイスが軽量化されたり、スマホとの連携が簡単にできるようになることで、より多様なシーンで時間と空間を超えるような体験が可能になっていくことでしょう。

ソース:プレスリリース[PR Times]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「5G時代における技術と市場の受容性とは?MRグラス「NrealLight」を活用した実証実験を実施