Gatebox株式会社とGugenkaは2019年10月7日(月)、Gugenkaが提供しているデジタルフィギュアサービス「HoloModels」を、Gatebox社が提供するホログラフシステム「Gatebox」に対応させたアプリケーションの開発に関して提携合意したことを発表しました。

これによって「HoloModels」で提供されている各種フィギュアたちを、「Gatebox」で楽しむことが可能になります。


HoloModelsが「Gatebox」に対応

今回、数々のアニメ作品のキャラををARフィギュアとして楽しめるアプリ「HoloModels」が、デジタルキャラクターをホログラフで出現させ、接客などに利用できる「Gatebox」に対応しました。

このアプリケーションの開発は、Gatebox社が今年7月から展開している「Gateboxビジネスパートナープログラム」へGugenkaが参画したことにより締結・実施されたもので、デジタルフィギュア領域での「Gatebox」活用の可能性を共同で追求していくものです。

イメージ

ReゼロなどのフィギュアがGateboxに出現

このアプリケーションでは、ホログラフでキャラクターを召喚する装置「Gatebox」の実在感溢れるインターフェイスを活用することによって、様々なキャラクターが「Gatebox」上にデジタルフィギュアとして出現します。

これによって「HoloModels」で販売されている、Reゼロの人気キャラクター

エミリア

レム

など各種作品のデジタルフィギュアを、インテリアとして見て楽しめる体験を実現しています。




体験会で「HoloModels」のフィギュアをデモ展示も

「Gatebox」の量産モデル(GTBX-100)の販売開始にあたって、今年10月12日(土)~13日(日)の2日間に東京で「Gateboxプレミアム体験会」が開催されます。

この体験会では、「Gatebox」の実物や「Gatebox」に登場するキャラクターによる体験を楽しむことができます。

「Gatebox」の中でイキイキと動くキャラクターをじっくりと眺められるだけでなく、個別ブースではGateboxオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」との共同生活を疑似体験することもできます。

イメージ

体験会でデモ展示されるHoloModelsのキャラクターは

Re:ゼロから始める異世界生活:エミリア、レム

この素晴らしい世界に祝福を!:めぐみん

エロマンガ先生:和泉 紗霧、山田 エルフ

世話やきキツネの仙狐さん:仙狐

が登場する予定になっています。

※変更の可能性あり

※正式な配信時期などは近日発表予定

なお参加は事前予約制になっており、Gateboxのメールマガジンに登録すると応募フォームが送られてくるので、それを通じて申し込みできます。

メールマガジンへの登録サイト

「Gatebox」プレミアム体験会概要

体験内容:逢妻ヒカリ体験ブース、GateboxスタッフへのQ&A、HoloModels in Gateboxデモ展示ほか

日程:2019年10月12日(土)~13日(日)※11月以降も実施予定)

会場:HYPERMIX門前仲町地下1階(東京都江東区門前仲町1-13-12)

参加方法:事前申し込み制(先着)

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

©2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

©2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

まとめ

あのGugenkaが提供する「HoloModels」のデジタルフィギュアが、Gateboxに対応することになりました。

Gateboxはホログラフでデジタルキャラクターを装置の中に出現させ、接客などをさせることができるサービスです。

そのGateboxに様々なアニメキャラのデジタルフィギュアを召喚できるのが、今回発表されたアプリケーションです。

まさにアニメファンにとっては夢のようなシステムですね。

体験会も開催されるので、この機に申し込んで体験してみてはいかがでしょうか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「Gateboxにホロモデルのフィギュアが対応!体験会でデモ展示も