2019年8月9日、株式会社ambrは同社が運営する仮想空間「ambr」について大型のアップデートを行い、新ワールド「Muse」を追加したことを発表しました。

また、アップデートにおいては新移動モード「シンプルモード」や「音声ミュート機能」の実装も行われたことも明らかにされています。


音楽空間「Muse」とは?

音楽空間「Muse」とは

今回のアップデートで登場した新ワールド「Muse」とは、中央に浮かぶ巨大なスピーカー型人工知能Museが創造する空間です。

音楽に合わせて、空間の変化を楽しむことができます。

MuseはConcept Art Studio “WACHAJACK”によるコンセプトアートをもとに制作された、独創的な世界観が大きな魅力です。

ambrを快適に利用できる2つの新機能も実装

ambrを快適に利用できる2つの新機能

ambrが7月に実施したアンケート結果を踏まえて、今回のアップデートでは「シンプルモード」と「音声ミュート機能」という2つの新機能も実装されています。

「シンプルモード」は、「向いている方向に一歩進む」というわかりやすく酔いにくい移動方法を採用することによって、VR初心者の方でも仮想空間内でストレスなく快適に移動することができます。

また、特にアンケートで要望の多かった「音声ミュート機能」を実装し、クイックメニューからすぐに切り替えができるようにしたことで、音声をオフにしたい状況でもambrで楽しく活動できるようになりました。

このほか、これまで運営提供のアバターのみが利用可能だったのを、自作のアバターなどをアップロードする機能のテストも予定されています。



VR SNS「ambr」とは?

日本発VR SNS「ambr」とは

「ambr」はVRデバイスでアクセスするVR SNSです。

日本発のソーシャル仮想空間として注目を集めています。

ユーザーはアバターになって他のユーザーと

会話したり

いっしょにゲームをして

交流することが可能です。

オープンアクセス開始に向けて2019年4月より登録者限定のクローズドアクセスを開始していて、現在はOculus Goにのみ対応しています。

関連記事:日本発のVR SNS「ambr」とは?アンバーの利用法や対応機器など詳細情報まとめ!

まとめ

日本初/発のVR SNS「ambr」に大型アップデートが施されました。

新ワールド「Muse」の追加が目立つところですが、新移動モード「シンプルモード」と「音声ミュート機能」の実装にが気になるところです。

これまでのアップデートは新しいゲームやワールドの追加が中心だったのと比べると、ambrでの活動を快適に行うための調整に入ったのではないでしょうか。

これからVR SNSでの活動には欠かせないアバターのアップロード機能のテストも予定されていることからも、ambrのオープンアクセスが近づいていることを感じさせます。

ambrの今後の展開に注目したいですね。

ソース:ambrプレスリリース[PRTimes]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「日本発VR SNS「ambr」大型アップデート!新ワールド「Muse」や新移動モード「シンプルモード」などが登場!