興進タクシー株式会社は、2018年に開催され好評だった「京都妖怪タクシー」を「VR怪談タクシー」としてリニューアルし、8月8日(木)より走行開始することを発表しました。


「VR怪談タクシー」とは?

VR怪談タクシーとは

「VR怪談タクシー」は、怪談和尚として知られる三木大雲住職の語りとVRの最新技術を使って、京都で名だたる心霊スポットを巡るドライブツアーです。

参加者は京都駅に集合した後、まずは物語の舞台となるお寺に移動し、オリジナルVRの映像を見ながら怪談第一話「お墓」の語りを聞くことになります。

その後は第二話「タクシー」を視聴しながらタクシーで移動し、有名な心霊・恐怖スポットでそこを舞台にした怪談話「トンネル」「霊魂」を視聴します。

現実とバーチャルが交わった不思議な感覚の中で、これまでにない恐怖体験を味わうことができるのが大きな魅力です。

「怪談和尚」三木大雲とは?

三木大雲住職とは

画像:光照山蓮久寺HPより引用(URL:https://renkyuuzi.gionsyouja.com/sub14.htm)

三木大雲住職は、京都光照山蓮久寺の住職です。

実際にあった相談に基づく怪奇現象、自身の体験など、現代の怪談を切り口に説法を行う「怪談説法」で知られています。

お坊さんの説法というと普段馴染みがなくとっつきにくいイメージですが、怪談話を聞いているうちにわかりやすく仏教の教えを学べると高い評価を得ています。

数々の怪談コンテストで優勝するなど、怪談ファンの間で注目を集めている人物です。

【受賞歴】

関西テレビ「稲川淳二の怪談グランプリ2014」優勝

「OKOWAチャンピオンシップ」初代チャンピオン

“最恐”怪談師決定戦「怪談王2018」優勝

「京都日蓮宗布教師会 法話コンクール」最優秀賞、など



イベント概要

■イベント名:怪談VRタクシー

■開催期間:2019年8月8日(木)~

■料金

2時間コース

・普通車(4人乗):¥10,200

・ハイグレード車(6人乗):¥11,200【セレナ e-power】

※別途、駐車料金1台¥500、VRセット1人¥300(フェイスシート・使い捨てイヤホン)が必要です。

■対象年齢:12歳以上

■出発時刻:8:45発/11:45発/14:45発/17:45発/20:45発

■申し込み

2日前までに電話予約

担当:古川・山本

TEL :075-681-4483

※駐車場が確保でき次第、予約成立

■受付時間:9:00~17:00

まとめ

視覚と聴覚を外界から遮断して仮想世界に入り込むVRは、ホラーアミューズメントととても相性が良い技術です。

今回、数々の怪談コンテストで受賞歴のある「怪談和尚」三木大雲住職の怪談話を聴きながら、舞台となる心霊スポットをめぐる「VR怪談タクシー」でも、VRが活躍しています。

目と耳はVR空間にありながら、心霊スポット独特の不気味な肌感覚を体感できるので、これまでにない恐怖体験ができます。

暑い季節になり、涼を求めて怪談話を聴きたいという人は、全く新しい怪談体験を求めて「VR怪談タクシー」に乗車してはいかがでしょうか。

ソース:「VR妖怪タクシー」プレスリリース[@Press]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「「妖怪タクシー」がVRで怖さ倍増!怪談和尚がプロデュースの「VR怪談タクシー」走行開始