一般社団法人 伝統文化デジタル協議会は2019年7月29日(月)、現代アーティスト 小松美羽氏が手掛けたVR作品「祈祷=INORI」が、第76回ヴェネツィア国際映画祭のVR部門コンペティション作品として招待されたことを発表しました。


「祈祷=INORI」について

「祈祷=INORI」は、日本の現代アーティスト小松美羽 氏と、世界でバーチャルリアリティの先駆者HTC CORPORATION、台湾の著名音楽プロデューサーKay Huang(黃韻玲)の三者によって共同製作されたVRインタラクティブ作品です。

作品は、没入型デジタル環境(システム)を通し、小松美羽氏のインスピレーションが形成する精神の過程が可視化されています。

彼女のシグネチャーともいえる「見えない世界の神獣たち」が色彩豊かに生き生きと動き、跳ね、そして体験者は神獣に導かれ、小松美羽氏のインスピレーションが形成する精神世界へと誘われます。

・視覚

・聴覚

・触覚

・嗅覚

など複数の感覚を体験することで、作品のメッセージである“天地の神々への称賛”と“宇宙万物への思いやり”を仮想空間の旅を通じて感じ取ることができます。

同作品はヴェネツィア国際映画祭において日本の現代アーティストが手掛けた、初のVRノミネート作品になります。

小松美羽オフィシャルHPMiwa Komatsu

制作者からのメッセージ

制作者から以下のようなコメントが寄せられています。

<小松美羽氏 コメント>

この度、VR作品「祈祷-INORI」がヴェネツィア国際映画祭のVR部門にノミネートされることとなりました。
この作品を作り上げるまでに、多くの方のお力をいただき、また、相互理解と数多の情熱が集結いたしました。
ノミネートされたのは、関わってくださった全ての人の徳のおかげです。本当にありがとうございます。
そして、こんなにもちっぽけな私を台湾での初個展で見つけてくださり、共に歩むことを望んでくださったHTCの皆様には感謝が絶えません。
これからもどうか、多くのことをこの若輩者に学ばせて下さい。

引用:プレスリリース

<総合演出(監督) Szu-Ming Liu(劉思銘)氏 コメント>

アーティストが独特な作品を作り上げていく中で、私が最も神秘的だと思うのは、出来上がったその結果ではなく、苦しみ悩み抜いた考えがひらめきに変わった時、その瞬間、内なる魂が電光石火のような爆発、命の記憶が重ねあって累積いくその過程です。
小松美羽さんと出会い、没入型VRシステムというツールを通して、やっとアーティストの脳で駆け巡る神々しい吉光片羽を記録することができました。

引用:プレスリリース

<音楽プロデューサー・Kay Huang(黃韻玲)氏 コメント>

この創作に携わり、世界三大映画祭でノミネートされたことを、非常に嬉しく思っております。

引用:プレスリリース




ヴェネツィア国際映画祭について

ヴェネツィア国際映画祭は、イタリアのヴェネツィアで毎年8月末から9月初旬に開催される映画祭です。

世界三大映画祭(ヴェネツィア映画祭/カンヌ映画祭/ベルリン国際映画祭)のうちの一つで、世界最古の歴史を持つ映画祭としても知られています。

2017年には新たにVR部門が設立され、招待作品の中から

・VR最高賞

・VRエクスペリエンス最高賞

・VRストーリー最高賞

が選定されます。

第76回となる2019年は、現地時間2019年8月28日(水)~9月7日(金)に開催される予定です。

ヴェネツィア国際映画祭 公式サイトヴェネツィアビエンナーレ

まとめ

モノトーン世界の銅版画制作にて高い評価を受けている小松美羽さんですが、近年では、積極的にさまざまな色を使うことで以前とは作品の雰囲気が変わり、躍動感や力強さが出てきた印象があります。

日本が誇る若き現代アーティストのVR作品が、ヴェネツィア国際映画祭で世界中の多くの人に体験されることを期待します。

ソース:現代アーティスト 小松美羽「祈祷=INORI」に関するプレスリリース[PR Times]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「小松美羽さんのVR作品「祈祷=INORI」がヴェネツィア国際映画祭VR部門コンペティション作品に