VR/ARのテクノロジーを活用してバーチャルタレントの文化を生み出しているカバー株式会社は2019年7月9日(火)、同社が提供しているVTuber配信システム「ホロライブ」のモーションキャプチャーシステムをアップデートしたことを発表しました。

これによって複数人の3Dモデルによるリアルタイム配信が可能になっています。


アップデートで4人まで同時出演が可能に

誰もがバーチャルキャラクターになって配信ができるシステム「ホロライブ」のモーショントラッキングがアップデートされました。

同システムのアップデートは2回目で、前回のアップデートで初めて「光学式のモーションキャプチャシステム」が導入されており、VTuberの全身の動きや指の動きがより滑らかになっています。

今回のアップデートは

自社トラッキングスタジオの運用ノウハウの積み重ね

ハードとソフト面でのアップデート

によって実現されたもので、複数のバーチャルキャラクターの動きを同時に、かつ安定的にトラッキングすることが可能になっています。

イメージ

システムを使用した配信動画も公開

今回の新システムを活用した配信動画が、今年7月7日(日)にYoutubeで公開されています。

動画では「第1回ホロライブカラオケ女子会」が実施されており、

ロボ子さん

紫咲シオンさん

百鬼あやめさん

大空スバルさん

の4人のVTuberたちによる長時間リアルタイム配信が実現されています。

イメージ



「ホロライブ」とは

ホロライブはスマホさえあれば誰でもVTuber配信ができるアプリ。

スマホに搭載されているカメラで配信者の表情を認識することでバーチャルキャラクターに反映され、リアルタイムにキャラクターになりきることが可能なシステムです。

配信者は3Dアバターなどのキャラクターから自身のキャラクターを選択し、キャラになりきって配信を行えます。

3Dアバターは髪の色や瞳の色を自分の好みに変更することが可能で、背景を用意されているものから選択してゲーム実況などの配信をします。

まとめ

カバー株式会社から、同社が提供するVtuber配信システム「ホロライブ」の光学式モーションキャプチャシステムのアップデートが発表されました。

今回のアップデートで複数人の同時トラッキングに対応できるようになっており、4人までのバーチャルキャラクターによるリアルタイム配信が可能になっています。

またこのシステムを使った配信動画がYoutubeにアップされています。

これを見る限り、とても賑やかな動画になっていますね。

今までのVTuber1人での配信も彼らのトーク力などで十分見応えがありましたが、複数人同時に出演できるようになって、ますます賑やかな配信が見られるようになるのはとても嬉しいです。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VTuber4人まで出演が可能に!「ホロライブ」のトラッキングシステムがアップデート