株式会社MARUI-PlugInは2019年6月21日(金)、自社で開発する3Dデザインツール「MARUI」にて3DアーティストMatias Zadicoff氏とコラボレーションし、アニメーション機能の開発を実施することを発表しました。


「MARUI」について

「MARUI」とは、ゲーム・アニメーション・VFX・VRスタジオを中心に導入されている「MAYA」のVRプラグインです。

これまで「MARUI」ではモデリング機能を中心に開発が行われてきましたが、今回、3DアーティストMatias Zadicoff氏とのコラボレーションを通し、アニメーション機能の開発が実施されました。

HTC Vive・Pro/Oculus Rift/Windows MR/Varjo-VR1/PimaxのVR機器に対応しています。

アニメーション機能について

今回のコラボレーションでは、ショートアニメーションをVR環境で制作し、その過程で必要となった機能を即座に開発するというスタイルで実施されました。

Matias氏は今回のコラボレーションを通して、以下のようにコメントをし、VRを制作ツールとして日常的に使用することに対して多くの人が懸念している点を払拭しています。

「アーティストは、まるで自分がコンピュータの中に入り込んだかのように自由にMayaのシーン内を動き回れるだけでなく、3Dオブジェクトが目の前に本当に存在しているかのように直感的に形状を認識しデザインすることがでるため、モデリングやアニメーションの制作プロセスを効率化することができます。」

「私は2週間ほど集中的にMARUIを使用してVR内で仕事をしましたが、一日の終わりに首の痛みや頭痛を感じることはなく、ソファーに腰かけたり立ち上がったりと体勢を変えながら楽に制作を行うことができました。」

引用元;プレスリリース

最新版MARUI(無料体験)MARUI



Matias Zadicoff氏について

MarvelシリーズやDisney作品の制作にも携わってきたアルゼンチンの3Dアーティストです。

Matias Zadicoff氏の作品

Matias氏の作品

Weihnachten braucht nicht viel – Nur Liebe

まとめ

アニメーション制作を含めPCでの作業では、長時間座った姿勢によって背中や腰の痛みに悩まされることが多くありますが、VRを活用することで、立ったり座ったりと動くことができるので、それらの問題が解決されます。

さらに拡大・縮小・回転など編集したいポイントへ簡単に移動でき、楽しんで作業できることや、アニメーション制作においては、立体的にイメージを捉えることができることで業務が効率化されるといいます。

VRは主に一般消費者向けのものが多く、開発者向けの技術はまだ少ないようですが、近年のVR機器の安価と性能の向上と、こうした開発者側でもVRが積極的に利用されるようになることで、今後PCに代わるものとしてVRが多くの人に活用される日が来るかもしれませんね。

ソース:「株式会社MARUI-PlugIn 」プレスリリース[PR Times]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR環境でアニメ制作が可能に!「MARUI」が3Dアーティストとコラボしアニメーション機能を開発!