株式会社ENDROLLは、株式会社ハレガケと東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)と共に、2019年5月16日(木)から6月15日(土 )の1ヶ月間限定で、渋谷エリア一帯を使うAR×リアル謎解きゲーム「渋谷パラレルパラドックス」を開催することを発表しました。

発表に際して公式サイトも公開され、「渋谷パラレルパラドックス」のストーリーやゲームシステムの概要、Webブラウザを用いたAR謎のデモが見られるようになっています。


「渋谷パラレルパラドックス」とは

渋谷パラレルパラドックスとは

「渋谷パラレルパラドックス」とは、AR技術を活用したリアル謎解きゲームとストリートアート展を組み合わせるという新感覚のエンターテイメントです。

渋谷の街に散らばったAR空間に入り込み、巻き込まれた事件の謎を解いていくことになります。

ARエンタテイメントに実績のあるENDROLLとリアル謎解きゲームを多く手がけるハレガケが協業し、東急電鉄の「ROADCAST」が行う若手アーティスト支援企画「SHIBUYA STREET GALLERY」とのコラボレーション施策として実施されます。

AR技術を活用したリアル謎解きゲームとストリートアート展を組み合わせるという新感覚のエンターテイメントを展開することで、先端文化の発信地として渋谷をアピールしたいとのことです。

また、本イベントで掲載される作品は落書き等に悩む渋谷の壁面を中心に展開され、この取り組みにより落書き問題についての啓発につながることも期待しているそうです。

ストーリー

渋谷パラレルパラドックスのストーリー

渋谷の街を歩いていると、あなたのスマホに見知らぬ女性から着信が入る。

「あなたは逃げて・・・今すぐ!」

彼女は力尽き、続いて届いた謎のメッセージ。

『過去を変え、彼女を救って欲しい』

街に現れる過去への扉と、時空を超える不思議なアプリ。

『――過去を変えますか?――YES or NO』

リアル謎解きゲームとは?

リアル謎解きゲームとは

リアル謎解きゲームとは、現在世界中で多くのファンが楽しんでいる体験型のゲームです。

参加者自身が物語の主人公となります。

参加者は物語の世界に入り込み、手がかりや次々現れる謎や暗号を解き、あるいはアクションをしながら事件を解決していきます。

立ちはだかる謎やミッションの中には仲間と解決しなければならないものもあります。

「非日常」な体験に入り込んで冒険ができるのが人気の秘密です。

ショッピングモール、遊園地、水族館、商店街など、様々な場所で開催され、男女問わず様々な人が熱狂する今注目のエンターテイメントです。



「渋谷パラレルパラドックス」のイベント情報

渋谷パラレルパラドックスのイベント概要

「渋谷パラレルパラドックス」のイベント情報をまとめました。

イベント名:AR×リアル謎解きゲーム 渋谷パラレルパラドックス

ハッシュタグ:#渋谷パラパラ

日程:2019/5/16(木)~6/15(土)

受付時間:10:00~ (最終受付18:00)

受付場所: SHIBUYA TSUTAYA 6Fに特設コーナーを設置

目安プレイ時間:2時間程度

チケット:1,980円(税込)

参加方法: SHIBUYA TSUTAYA 6Fでチケット購入後、現地にてキットを入手しスタート

対応端末:iPhoneのみ(iPhone 6S以上、iOS 11.3以上に対応)

企画制作:株式会社ENDROLL、株式会社ハレガケ(NAZO×NAZO劇団)

主催:東京急行電鉄株式会社(ROADCAST)

>>公式サイト

*注意事項*

ゲームの演出上「スマホの画面を通して周りを見る」という動作があるため、怪我や通行人の迷惑に繋がることがないように周囲の安全を十分に確保した上でプレイして下さい。

まとめ

渋谷を舞台にしたARリアル謎解きゲーム「渋谷パラレルパラドックス」が開催されます。

謎解きのために実際の街を駆け回るというと、世代的にサウンドノベルの「街」を連想してしまいますね。

リアル謎解きゲームにARを活用することで、今回のイベントではまさに自分が主人公となってストーリーを動かしていく体験ができるようになります。

大人気のリアル謎解きゲームですが、ストーリーの幅が広がりARとの相性の良さを感じさせるイベントだと思いました。これからもARとコラボして新しいゲームがどんどん出てくるかもしれませんね。

ソース:渋谷パラレルパラドックス[PR Times]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「謎を解くため渋谷の街を駆けろ!ARリアル謎解きゲーム「渋谷パラレルパラドックス」が開催!