インターピア株式会社が、VR動画などのVRコンテンツの業務利用やロケーション展開(各種商業施設やイベントでの活用)を支援するソリューション「KANTAN VR」(かんたん VR)の提供2019年4月から開始しています。


「KANTAN VR」とは

イメージ

「KANTAN VR」は、商業施設やイベント、研修などでのVR利用を円滑にするためのサービスです。

一体型のVRヘッドセットにインターピア社が開発する独自のコンテンツ視聴管理システムを組み込んでおり、

・VRを視聴体験利用するエンドユーザー

・VRを業務で運用するスタッフ

の端末操作や運用上の取り扱いを簡単にすることで、VRコンテンツの活用を円滑にしています。

HMDには「Pico G2」を採用

このソリューションにはPico Technology Japan社が展開しているスタンドアローン型VRヘッドセット「Pico G2」シリーズが採用されており、PCやスマホなどの接続機器が必要なく、単体で利用することが可能です。

・軽量な本体に3K画質のLCDディスプレイや高性能CPUを採用

・バッテリーのみで約3時間の使用が可能

というPico G2の特徴はそのままに、組み込まれたシステムによる簡単な操作性をプラスして、容易に高品質なVRコンテンツを体験できるようになっています。

また今後、国内販売が予定されている4K解像度のディスプレイを搭載した「Pico G2 4K」にも対応する予定がされています。

組み込まれているシステム

イメージ

この「Pico G2」に、VR THEATERなどのVRコンテンツサービスを提供してきた実績のあるインターピア社が開発したソフトウェアが組み込まれており、

・自社制作で360度撮影した動画があり、研修やPRに活用したい

・自社開発したVRゲームやアプリを活用した体験イベントを実施したい

・自社の顧客向けに、施設内で各種VRコンテンツを利用してもらいたい

といった多様なニーズに対応することが可能です。

このシステムは目線と本体ボタンだけで操作ができるため、単体での運用が可能です。



「KANTAN VR」の用途

この「KANTAN VR」は以下の業務用途を想定して開発されています。

・ 観光スポットを撮影した VR 映像を利用した PR 施策(地方創生 活用など)

・ イベントや催事における VR コンテンツ作品の展示

・ VR 映像を活用した不動産物件の内見サービス

・ VR 映像を活用したスタッフ教育・研修サービス

・ 商業施設内での VR コンテンツ視聴サービス(無料・有料)

・ 保有する会員向けのコンテンツ配信サービス

また各企業・商業施設でのVR活用をより早く、低コストで開始できるように、スタンドアローン型VRヘッドセットとシステムソフトウェアをセットにした短期間のレンタル契約からの利用が可能になっています。

まとめ

インターピア社から、業務やイベントなどでのVRコンテンツの利用を円滑にする新しいソリューション「KANTAN VR」が提供開始されています。

このソリューションはスタンドアローン型VRヘッドセット「Pico G2」に、VR THEATERなどのVRコンテンツサービスを提供してきたインターピア社の開発したシステムを組み込んでおり、商業施設でのイベントや研修などで簡単に高品質なVRコンテンツを体験することができます。

今までは利用するのに手間がかかっていた高品質なVRコンテンツ体験を簡単にするこのサービス。こういったものが広まれば、VRを利用するのがが当たり前!という時代が来るかもしれませんね。

ソース:プレスリリース[インターピア社]









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRの利用をより簡単に!新ソリューション「KANTAN VR」提供開始!