2018年12月4日(火)~5日(水)にセントレアで、株式会社デンソーが開発したVRと自動車を組み合わせたソリューション「VR-COMS」を使った、刈谷市の観光VR映像が体験できるイベントが開催されました。


「VR-COMS」とは

「VR-COMS」は小型電気自動車をベースに開発された、VRと自動車を組み合わせた新技術「Vehicle VR Actuation Technology」を搭載したVRソリューションです。

観光地を巡る動画が流れるVRヘッドセットを装着し、映像に合わせて前後に動く車に乗ることで、体験者はまるでその観光地で車を運転しているかのようなリアルなVR体験をすることができます。

イメージ

さらに

振動を加える

空調をリアルタイムに変化させる

などを行うことで、よりリアルな臨場感あふれるバーチャル観光体験が可能になります。

このVRソリューションは短時間で観光地の魅力を伝え、観光地を巡る気分を感じてもらうことにより、インバウンド旅客への旅行体験の機会の創出と、広域観光による経済効果の向上を目指しています。

イメージ

なお、今回開催されたこのイベントは刈谷市と同市観光協会主催で、国内外から多くの観光客が訪れる空港を通じて刈谷市への観光客誘客を行う取り組みで、VRヘッドセットに流れるVR映像は刈谷市観光協会設立20周年記念事業で制作された映像が使われています。

また今回実施された「VR-COMS」は、刈谷市内での実証実験導入が2019年2月より行われる予定になっています。

「Vehicle VR Actuation Technology」とは

自動車とVRを組み合わせた技術で、VR映像に合わせた動きを車両に加えることで臨場感のあるリアルなVR体験が可能です。



「VR-COMS」実証実験導入概要

日時:2019年2月1日(金)~常設  10:00~18:00

場所刈谷駅前観光案内所(刈谷市産業振興センター内)

主催:刈谷市、刈谷市観光協会

協力:株式会社デンソー

イベント概要

日時:2018年12月4日(火)~12月5日(水)

場所:中部国際空港旅客ターミナルビル 4階イベントプラザ

内容:車両の中でVR映像を流したHMDを装着することで疑似ドライブ体験が可能。

主催:刈谷市、刈谷市観光協会

協力:株式会社デンソー

まとめ

国内外から多くの観光客が訪れるセントレアで、刈谷市がVRと自動車を組み合わせたソリューション「VR-COMS」を使ったバーチャル観光体験イベントを開催しました。

このソリューションは観光地のVR映像が流れたHMDを着けて自動車に乗り込み、さらに車両に動きや振動を加えることで臨場感のあるドライブがVR体験できるというものです。

今回のイベントで使用された映像は刈谷市観光協会設立20周年記念事業で制作された映像が使われており、刈谷市への観光客誘客を行う取り組みとなっています。

この取り組みがもっといろんな場所で実施されれば地域活性化の一助になるのではないでしょうか。

VRを活用した観光PRはいろいろ出ていますが、今回の取り組みは「擬似ドライブ体験」とさらに面白いものになっていると感じます。

ソース:「VR-COMS」プレスリリース









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRと自動車でバーチャル観光!VRと自動車によるソリューション「VR-COMS」公開!