VRの活用方法は様々ですが、VR空間でデザインやアートワークを制作したり等、VRをクリエイティブ目的に使用できる様々なアプリが登場しています。

現在、おもに「Tilt Brush」や「Oculus Quill」、「Google Blocks」などのツールが知られていますが、ここにマイクロソフトによる「Maquette」が新たに加わりました。


VR空間でプロトタイプ設計!マイクロソフトが「Maquette」を公開

Maquetteは他のVRツールに比べて実用性を重視している点が特徴で、VR空間でのプロトタイプ設計や、ゲームデザインなどで活用できるツールです。

プロモーション用の動画を見る限り、インターフェイスは「Blocks」や「Quill」などに似ていますが、「Maquette」ではより実用性を重視しており、クリエイティブに関する様々な作業で実用できる機能が実装されています。

実用性を重視したVRクリエイティブツール

動画ではシューズショップのレイアウト設計をVR空間で行う様子を確認できますが、Maquetteでは他にも様々な用途で利用することが可能で、たとえばインタラクティブなゲーム空間のデザインや、コンセプトアートの設計など、用途は様々です。

現在主流となっている主なVRクリエイティブツールと比較してみると、Maquetteではより実用面で使える機能が用意されており、たとえばVR空間にテキストレイアウトを配置したり、注釈を付けたりなど、他のツールにはない機能が実装されています。

Maquetteの公式サイトによると、Maquetteは元々マイクロソフト社内のデザイナー向けに開発されたツールとのことで、

「マイクロソフト社のデザイナーがよりMR環境を試しやすくするため」

に開発したとのことです。

制作したモデルをUnityで使用することも可能

また、Maquetteの便利な機能として、Maquetteで制作したデザインや3Dモデルを、ゲームエンジンのUnityにインポートすることが可能です。

現在、Unityに対応するためのプラグインが公開されており、これを導入すればMaquetteで制作したデータをFBX.やGLTF.といった、Unityで読み込み可能な形式にエクスポートすることができます。

なので、Unityを制作してゲーム開発などを行っている方など、直感的な操作で使用できるVRツールで制作した3DデータをそのままUnityで使用できるので、製作時にかかる手間を省くことが可能になります。




主要PCVRデバイスに対応、クローズドベータ版が公開

ちなみに、Maquetteは現在市販されている主流のPC VRデバイスであればほぼ全てに対応しており、Windows MR、Oculus Rift、HTC Viveに対応しています。

現時点では本ツールはクローズドベータ版であるため、使用にはサインアップが必要となりますが、将来的にはSteamなどの主要な配信プラットフォームでフルバージョンが公開されるものと考えられます。

クローズドベータ版を試してみたい方は、こちらからサインアップすることでベータテストに参加できます。使用にはマイクロソフトの承認が必要となるので、利用開始までには若干の時間を要します。

ユーザーのフィードバックを受けて機能を改善

また、現在公開されているクローズドベータ版は今後、ユーザーのフィードバックを受けながらアプリ全体の改善を図っていくとのことです。

これからリリースしていきたい便利な機能が沢山あり、フィードバックを受けながらMaquetteのアップデートを常に行っています。(中略)わが社の優先事項はユーザーのニーズに基づいており、(Maquetteを使って)様々なアイデアを試してほしい。だから、皆さんのフィードバックを求めています!

と、公式サイトでも述べており、これから同ツールにはインターフェイスの改善や、様々な機能が追加されていきそうです。

例えば、複数のユーザーが同じVR空間で共同作業を行える機能などは、VRをクリエイティブ目的で使う際に欲しくなる機能ですね。こうしたユーザーのニーズを反映しながらアップデートを行っていくので、より実用的なアプリとして進化していきそうです。

まとめ

マイクロソフトより、VRクリエイティブツール「Maquette」のクローズドベータ版が公開されました。

本ツールは、VR空間でスケッチを描いたり、デザインを行うことが可能で、プロトタイプの制作やコンセプト設計など、おもに実用面での使用を想定して開発されたツールです。

元々はマイクロソフトの社内デザイナー向けに開発されたものなので、実用性もしっかり考慮されたツールになっているので、ゲーム制作やレイアウトのデザインなど、様々なシーンで使うことができそうです。

VR空間で行うクリエイティブ作業は、2D画面で行うよりも直感的に操作することができるので、今後様々なクリエイティブ作業において、VRを使用する機会は増えていきそうです。

参考サイト:Road to VR









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「実用性重視!VRデザインツール「Maquette」をマイクロソフトが新たに公開!