exiii株式会社は10月2日(火)、手首装着型のVR触覚デバイスEXOS Wrist DK2の提供開始を発表しました。

発売先が限定されていた旧デバイス「EXOS Wrist DK1」とは違い、「EXOS Wirst DK2」は限定なしの通常販売が決定しています。


VR触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」とは?

「EXOS Wrist DK2」は、手首の掌背屈(前後方向)と橈尺屈(左右方向)の二方向へ力を加えることで、さまざまな触覚を提示することができるデバイスです。

「EXOS Wrist DK2」は、Unity SDKと共に提供されています。

SteamVR上においてHTC VIVE、Oculus Rift、Windows MRヘッドセットの動作にも対応しているということです。

「EXOS Wrist DK1」との違い


これまでの「EXOS Wrist DK1」と比較すると約1/3となる350gまで軽量化され、長時間の両手装着も可能になりました。

さらに装着性も改善され、様々な大きさの手の形に対して調整容易にできるようになり、取り付けることが可能です。

素材に関しても改善がなされ、肌に触れる部分には汗を吸わない素材が採用され、衛生的に使用可能な構成となっています。

また、手首に装着する仕様となっているため掌がフリーとなるため、Vive ControllerやOculus Touch等の標準的なコントローラと組み合わせて使用することもできるということです。

この構造により、既存のVRコンテンツに触覚を付与するような拡張にも対応できます。

「EXOS Wrist DK2」では付属のUnity用SDKも大幅なアップデートが行われ、硬さや重さ、質感といったリッチな触覚表現に対応するということです。

VR触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」通常販売!サポート付レンタルも開始!

2018年2月より販売された旧モデルである「EXOS Wrist DK1」は製造上の理由から販売先が限定されていました。

しかし今回の新デバイス「EXOS Wrist DK2」では設計が刷新され、販売先を限定することなく多くの人が利用できるようになりました

通常販売だけでなく、貸出・サポートを含めた月額制ソリューションも発表されており、さらにデバイス自体も大幅に改善されています。

小型軽量化に加え、装着性の改善、硬さ・重量・質感のよりリッチな触覚表現を含むソフトウェアの高機能化も実現されています。



「EXOS Wrist DK2」の仕様

モーター数 2
モータートルク 20[N・cm]
通信 USBシリアルの有線接続、または Wi-Fi での無線接続
重量 350[g]
電源 バッテリー
バッテリー 11.1[V]/ 980[mAh]
連続駆動時間 2.5[h]

価格・販売形態について

■通常販売

価格 片手 600000円(税別)
内容 デバイス本体
6ヶ月間の動作保証
メールによるサポート

■サブスクリプション

価格 月額 片手 50000円(税別)
内容 デバイス本体の貸出
故障時の無償修理・交換対応
メールによるサポート

購入、デモの実施について

「EXOS Wrist DK2」の購入は以下の公式サイトから行うことができます。

また、最新のデモ・体験も公式サイトから申し込むことができます。

▼EXOS Wrist DK2の購入・デモの申し込み  ​
exiii公式サイト

まとめ

今年2月の「EXOS Wrist DK1」の発売開始から1年も経たずに、デバイス自体の大幅な改良が行われ、軽量化や装着性の向上、硬さ・重量・質感のよりリッチな触覚表現を含むソフトウェアの高機能化も実現されているというのが素晴らしいですね。

またサブスクリプション方式が採用されたことで、ユーザー層も広がることでしょう。

ソース:VR触覚デバイスEXOS Wrist DK2プレスリリース[PR TIMES]









Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「従来品より小型軽量化!VR触覚デバイス「EXOS Wrist DK2」提供開始!