PCで表示
 
イメージ

VRプログラミングが簡単にできる「BLOCK VROCK」リリース。

レベルエンター社が2018年6月12日(火)、

  • スマホ
  • PC
  • Oculus GO

などのVRヘッドセット向けに、簡単にVRプログラミングができる「BLOCK VROCK(ブロック ブロック)」の提供を開始しました。



「BLOCK VROCK(ブロック ブロック)」とは

ビジュアルプログラミング言語の「blockly」を使ってスマホ、タブレット、PC、VRヘッドセットのどれでも簡単に自分だけのVR空間やARアプリを作ることができます。

会員登録やサインインをせずにすぐに使い始められます。

引用元:「BLOCK VROCK」トップページ

「BLOCK VROCK」は

「自分の世界を手作りしよう」

をテーマとして、子供向けのビジュアルプログラミングツール「Blockly」をベースに作られています。

なのでプログラミングなどの専門的な知識がなくても、誰でも簡単にオリジナルのVR作品を作ることが可能です。

VR作品を作成する中でプログラミングや3Dの表現、デジタルクリエイティブの様々な要素を学習することも可能です。

「BLOCK VROCK」は登録せずに利用することができ、また登録することで作成したたオリジナルVRの世界を保存して、ブログなどSNSなどで共有することもできます。

イメージ

作成できるVR例

「BLOCK VROCK」の機能

「BLOCK VROCK」には

  • ・ブロックベースのプログラミング機能
  • ・テンプレートをコピーしてカスタマイズすることによる簡単なVRの実現
  • ・Google Polyに連携した3Dオブジェクトの読み込み機能
  • ・スマートフォンやタブレット、PC、Oculus GOなどのVRヘッドセットなど、デバイスを選ばない自由度
  • ・アプリインストール不要、LINEやFacebook、Twitterなどで簡単にシェアして驚きを共有(URLを送るだけでもシェア可能)
  • ・ソースコード ダウンロード機能によって作品をWEBページとして利用可能

の6つの機能があります。

これらを利用して簡単にVR世界を造り、ブログなどで披露することが可能になります。

イメージ

作成画面(PCなど)

イメージ

作成画面(スマホ)

イメージ

テンプレート

「BLOCK VROCK」の価格

「BLOCK VOROCK」には、

  • 無料ユーザー
  • アイテム課金
  • 学校、法人ユーザー

の3つの形態があり、それぞれ目的にあった利用が可能です。

無料ユーザー

基本テンプレートを利用してVRを作成。誰でも簡単に作ることができます。

アイテム課金(2018年中リリース予定)

アイテムを購入することで拡張機能を利用することができます。300円(税込)から利用できるそうですが、この機能のリリースは2018年中予定となっています。

  • 拡張のテンプレートを解放することでVRの作成が簡単に。
  • 拡張ブロックを解放することで高度なVRの作成を実現。
  • ブロック説明書を購入することでブロックの詳しい使い方を学ぶことが可能に。

の3つが可能になることが予定されています。

学校・法人ユーザー(別途見積もり/準備中)

学校・法人ユーザー向けには

  • すべての拡張テンプレート・拡張ブロックを利用してVRを作成することが可能に。
  • クラスの作品展を公開することが可能に。
  • 教員向けマニュアルの提供。

の3つが可能になるプランが予定されています。

まとめ

レベルエンターから「BLOCK VROCK」がリリースされました。

これは、スマホ、タブレット、PC、WEB、Oculus GOなどのVRヘッドセットがあれば誰でも簡単にVRプログラミングしてオリジナルのVR空間を作れるというものです。

VR作品を作るにはプログラミング知識が必要などハードルが高かったのですが、これによってハードルが低くなったとも言えます。

学校の先生が教材向けに作ったりと、誰でも気軽にVR世界へ入門できるようになりますね。

ソース:「BLOCK VROCK」プレスリリース[@Press]




Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「誰でも簡単にVRプログラミングできる「BLOCK VROCK」リリース!