スカイロボットは、サイバネットシステムと共同でドローン計測データ用簡易可視化ビューアー『Sky Viewer(スカイ ビューアー)』を開発。12月12日(火)より発売を開始する。

main-24

『Sky Viewer』は、共同で開発を行ったサイバネットが販売・開発・サポートする汎用可視化ソフトウェアAVS/Expressで開発したパッケージソフト。従来までドローン計測データビューアーは操作が複雑で高価であったため、誰でも直感的に使えるようなアプリケーションではなかった。

そこで今回開発したビューアーでは、ドローン用のデータを確認するための必要な機能だけを搭載。簡単に操作できるようにユーザーインターフェイスもシンプルにし、データ計測者以外も直感的にデータ操作が行える設計になっている。

ドローン空撮データの代表的なフォーマットであるOBJ(Wavefront .obj形式)ファイルを、読み込むことが可能。読み込んだデータは3次元で表示され、ビューアー内で回転や拡大、縮小や視点を変えたアニメーションを作成することができる。

読み込んだ3Dデータの2点間距離の測定や、マウスでピックすることで簡単にアニメーションの経路の作成が可能。経路に沿った動画を再生することができる。また、3Dデータを簡単にVR空間に表示ができる。VRヘッドマウントディスプレイなど、様々なVR機器の表示にも対応している。
sub1-13-1024x325
(左図)計測機能
設定画面(左)とビューアーによる実際の測定画(右)
(右図)フライスルー機能
経路設定画面(左)とビューアーによるドローン視点の動(右)

■AVS/Expressの詳細
http://www.cybernet.co.jp/avs/

■株式会社スカイロボット
http://www.skyrobot.co.jp

■サイバネットシステム株式会社
http://www.cybernet.co.jp/

情報提供元:VRbeat
記事名:「スカイロボット、VR空間で表示可能なドローン計測データ用簡易可視化ビューアー『Sky Viewer』12/12(火)より発売