盗聴器発見はハンディ受信機を使うのが基本。なかでも「DJ-X81」は「盗聴器発見機能」を搭載したハンディ機です。どのように盗聴器を発見していくのか、室内に仕掛けられた盗聴器を実際に探索してみました。「盗聴器発見機能」とは、いったいどんな動作をするのでしょう?

盗聴器発見機能の探索方法は2種類

DJ-X81はアルインコから発売されている広帯域受信機。地デジのテレビ音声や緊急地震速報も受信できる、人気のハンディ機です。定価は36,800円になります。

DJ-X81の盗聴器発見機能を使った探索方法は2種類。ハウリングを利用して探す「SILENT」モードと、DJ-X81が発したピー音を盗聴器に拾わせて、距離を詰めていく「SOUND」モードです。どちらかを事前にセットモードで選択しておきます。

盗聴器発見機能の動作はMONIボタンを押しながら、メインダイヤルの長押しでオン。すぐに盗聴波の周波数をスキャンして、部屋に盗聴波がないかチェックしてくれます。

ディスプレイで盗聴器への接近を表示

さっそく、盗聴器発見機能のスキャンによって、399.455MHzの盗聴波がヒットしました。部屋のどこかに盗聴器が仕掛けられていることが判明。次のステップで盗聴器の設置場所を絞り込んでいくというわけです。

部屋の中を移動していると、断続的だったピー音がピィ、ピィ、ピィと間隔が狭まり、盗聴器に近づいていることを教えてくれます。同時にディスプレイでは右から左に向かう「←」が長くなり盗聴器への接近を表示するのです。

こうして、部屋の角にあるコンセントにささった三叉コンセント型の擬装盗聴器を発見。盗聴器発見機能の解除は、動作時と同じMONIボタンを押しながらメインダイヤルを長押しします。

【関連リンク】
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「DJ-X81の盗聴器発見機能を実際に使ってみた