東京近郊のJR東日本路線は「東京近郊区間」ということで、運賃の計算方法が他の地域と違っています。このルールは、基本どのルートで乗車をしても料金は同じになるという、交通系ICカードの利用を先取りする便利なものですが、かえって料金が高くなることも起こりがち。これを避けるためにはキップの買い方を工夫する必要があるのです。

東京から200km以上離れても「近郊」

Suicaなどの交通系ICカード利用する場合、紙で発行された乗車券とは運賃計算方法が異なっています。有名なのがJR東日本路線での10円未満の端数についてで、交通系ICカード利用の場合は1円単位まで計算するのに対し、紙の乗車券では10円未満を四捨五入する仕組みです。

また、交通系ICカードには紙の乗車券にある「101km以上の乗車券では途中下車可能」というルールが適用されない代わり、実際の乗車ルートに関係なく、出発駅と到着駅間での最も安いルートで運賃を計算します。実はこのルール、東京・大阪などに設定された「大都市近郊区間」で以前から行われていたものと同じなのです。

とくに、東京周辺で設定される「東京近郊区間」については、Suica対応駅の増加に伴いどんどんエリアを拡大。現在は、いわき駅・松本駅といった、東京から200km以上離れていて「東京の近郊」とはいえない場所まで東京近郊区間になっています。

東京近郊区間外まで乗車券を購入する

これは、東京近郊区間内では交通系ICカードと紙の乗車券で料金が同じなるための料金システムです。しかし、一方で紙の乗車券では101km以上で許される途中下車が東京近郊区間では使えず、結果として運賃が高くなることも…。これを回避する方法として、東京近郊区間外までの乗車券を購入するというテクニックがあります。

例えば、いわき駅を18時に出発し松本駅まで向かう場合、当日移動は不可能なので、どこかで途中下車して1泊する必要があります。例えば、新宿駅周辺で一泊するケースで考えた場合、いわき駅~新宿駅・新宿駅~松本駅と乗車券を分ける必要があり、両方あわせた運賃は7810円です。

一方、松本駅のひとつ先になる大糸線の北松本駅までの乗車券を購入すると、途中下車が可能な1枚の片道乗車券にすること可能。こちらの運賃は7480円で、330円割安です。ただし、この乗車券は山手線内で同じ駅を二度通過しないよう乗車する必要があり、東京駅で途中下車した場合、山手線外回りで新宿へ向かわなくてはなりません。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「あえて遠くまでキップを買って運賃をケチる方法