「ETC平日朝夕割引」は、高速料金が最大で50%割引となるため非常にお得なETC割引のひとつです。ところが、東京・大阪周辺にある大都市近郊区間が割引対象外となっているため、都心に住むドライバーの多くは関係ないと思っているはず。しかし、じつは郊外にちょっと出かけるだけで十分活用できるのです。

ETC平日朝夕割引は最大で50%オフ

NEXCO3社が行っている「ETC平日朝夕割引」は、ETCマイレージ会員限定で毎月の平日6~9時・17~20時の高速道路利用回数に応じて、通行料金を還元するというサービスです。割引率は月5~9回利用の場合が30%、10回以上が50%で、割引対象となるのは100kmを上限とした距離別料金と利用一回あたりでかかる150円となっています。

ただし、すべてのNEXCO路線がETC平日朝夕割引の対象とはならず、東京・大阪周辺に設定された「大都市近郊区間」と東京湾アクアライン・関門トンネルは対象外です。また、割引率を決める利用回数は毎日朝と夕方それぞれ1回までカウントされる仕組みになっています。

ETC平日朝夕割引の還元額は、毎月分をまとめて集計のうえ翌月20日にETCカードの通行料金として戻り、ETC利用時には優先的に利用されます。なお、一般的なポイント還元と異なり、還元額で走行した分についてもETC平日朝夕割引の対象のため「還元率=割引率」となり、さまざまなETC割引のなかでもお得なサービスです。

郊外まで月3往復でETC平日朝夕割引

割引対象になる路線や時間帯から考えると、ETC平日朝夕割引はおもに郊外での通勤向けのサービスです。しかし、走行区間の一部に大都市近郊区間が含まれていても、ETC平日朝夕割引の対象区間の走行距離分については、100kmまでを限度に割引が適用されます。

例えば、東京IC~静岡ICを走行する場合、東京IC~厚木ICまでは大都市近郊区間ですが、厚木IC~静岡ICの126.8kmのうち100km分がETC平日朝夕割引対象です。そこで、東京都心に住んでいるドライバーでも、郊外へ出かける用事が月3回以上あればETC平日朝夕割引で十分おトクになるといえます。

このケースでETC平日朝夕割引として還元される金額は、普通車利用で30%還元の場合で1回あたり780円、50%還元では1290円となります。30%・50%といった還元率は、毎月1回目からの利用すべてに適用されます。東京IC~静岡ICを月3往復した場合は780円×6=4680円で、東京IC~静岡ICの通行料金は普通車4300円であるため、ほぼ1回分の通行料金がタダになる計算です。

ETC平日朝夕割引は100km以下もお得

走行距離が100kmに満たないケースでも、ETC平日朝夕割引はお得に使えます。例えば、東京通勤圏ともいわれる大月ICの場合、高井戸ICまでの距離は70.4kmで通行料金は普通車2000円。このうち、ETC平日朝夕割引になるのは八王子IC以西で、還元金額は30%の場合1回410円、50%では680円となります。

仮に、月5回大月から都心へ仕事で出かける場合、NEXCO中日本利用分で受けられるETC平日朝夕割引の還元金額は680円×10=6800円で、通行料金3回分以上になります。大都市近郊区間だけを走行する場合は別にして、少しでも割引対象区間が含まれるなら、ETC平日朝夕割引は積極的に利用したいところです。

ちなみに、大都市近郊区間とその他区間を連続走行する場合、ETC平日朝夕割引の還元金額は最初に割引対象区間分全部の距離別料金を計算。そこに「100km/割引対象区間の走行距離」を掛けます。さらに、1回分の利用料金150円をプラスしたうえで消費税を加えた額に、割引率の30%または50%を掛けて還元金額を割り出します。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「都心に住む人も恩恵「ETC平日朝夕割引」活用法