ETCの普及率が90%を超えることもあり、最近は「ETC車載器」が付いたままの中古車も数多く見かけます。こうしたクルマを購入したときは、基本的にはETC車載器の「再セットアップ」が必要。しかし、じつは再セットアップなしで乗り続けても大丈夫なケースもあるのです。詳しく見ていきましょう。

ETC車載器内に使用者の情報はない

ETC車載器のマニュアルでは、中古車にすでに取り付けられているETC車載器は再セットアップが必要といった説明を多く見かけます。基本的にはその通りですが、じつはETC車載器をセットアップした自動車のナンバープレートに変更がなければ、再セットアップの必要はありません。

というのも、ETC車載器に書き込まれている情報は、セットアップした車両のナンバープレート情報と車種区分、牽引装置のあるなしといった情報で、車検証に書かれている自動車の所有者・使用者は登録されません。このため、ナンバープレートがそのままで所有者や使用者が変わるだけの場合は、ETC車載器に記録された情報に変更する部分がないのです。

「そうはいっても中古車を購入した際には必ずナンバー変更が必要では」と思う人も多いかもしれません。しかし、じつはナンバー変更なしでそのまま譲り受けた自動車へ乗り続けられるケースも少なくないのです。

ETC車載器の再セットアップが不要

ETC車載器の再セットアップが不要になるナンバープレートの変更が不要のケースはおもに2つ。1つは、ナンバーの地名が同じ地域で引き続き乗り続けるパターンです。例えば、東京都港区在住の人から購入した中古車を東京都品川区で乗り続ける場合、同じ「品川」ナンバー地域のため変更は必要ありません。

もう1つは、違うナンバー地域から購入しても結果的に地名が変わらないケースです。東京都世田谷区は現在「世田谷」ナンバー地域ですが、古い自動車の場合「品川」ナンバーになっていることがあります。こうした自動車を購入し、東京都品川区で乗り続ける場合もナンバープレートは変更不要です。

逆に、世田谷区在住の人が持つ「品川」ナンバーの自動車を購入し、世田谷区で乗り続ける場合、今度は現在のナンバー地域が優先されるため「世田谷」ナンバーへ変更する必要があります。最近は「ご当地ナンバー」としてナンバーの地名は増える一方なので、こちらのケースの方が多いかもしれません。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「中古「ETC車載器」再セットアップ不要のケース