NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本は、それぞれイオンと提携したクレジットカードを発行中。ETCで高速道路を利用した際のポイントアップや、SA・PAでのショッピングで優待サービスがあるなど、高速利用が多いドライバーにはお得なカードです。ただし、3社で還元率などが微妙に異なります。

NEXCO東日本の独自ポイントへの交換率

イオンカードには、基本機能としてポイントプログラム「ときめきポイント」があり、200円の利用で1ポイントが貯まる仕組みです。ときめきポイントはポイント数に応じたプレゼント商品への交換や、1ポイント=1円として電子マネー「WAON」へのチャージにも使えます。

NEXCO3社と提携したイオンカードは、これに加えときめきポイントを高速道路の利用料金へ還元できる仕組みが特徴です。ただし、還元方法などは、3社それぞれで異なっています。各社ごとに詳しく見ていきましょう。

まず、NEXCO東日本の「イオン E-NEXCO pass」は、ときめきポイントをNEXCO東日本の独自ポイント「E-NEXCOポイント」へ交換できる点が特徴。交換率は、ときめきポイント1000ポイント=E-NEXCOポイント1200ポイントです。

ETCマイレージの無料走行分の還元率

E-NEXCOポイントは、さらに交換手続きで1ポイント=1円でETC利用時の通行料金へ変更可能で、WAONチャージと比べるとお得な還元率です。また、ETC利用の通行料金とNEXCO東日本路線のSA・PA(一部店舗を除く)での利用について、ときめきポイントが200円利用で2ポイントにアップする点も魅力です。

NEXCO中日本の「イオンNEXCO中日本カード」は、同社のSA・PAでは200円利用で2ポイントとポイントアップするほか、毎月20日・30日の高速料金は200円利用で2ポイントです。通行料金で使う場合、ETCマイレージの無料走行分として1000ポイント=1000円で還元される仕組みです。

さらに、NEXCO西日本の「イオンNEXCO西日本カード」は、全国の高速料金とNEXCO西日本路線のSA・PAについて平日は200円利用で2ポイント、土日が200円利用で3ポイントと、還元率が高くなっているのが特徴です。さらに、ETCマイレージの無料走行分は、1000ポイント=1200円と還元率がアップします。

NEXCO東日本と西日本の交換率が有利

これらNEXCO3社のイオン提携カードはどれが一番お得でしょうか。まず、ときめきポイントの貯まり方と通行料金の還元率を考えた場合、NEXCO東日本と西日本が高速料金200円利用で2ポイント、交換率が1000ポイント=1200円となるので有利です。

さらに、NEXCO西日本の提携カードは休日が200円利用で3ポイントとなるため、休日利用が多いのであればイオンNEXCO西日本カードが一番お得でしょう。ただし、ETCマイレージの無料走行分での還元なので、首都高速などETCマイレージの無料通行分が使えない路線の利用が多い場合は不向きかもしれません。

一方、NEXCO東日本の提携カードの場合、E-NEXCOポイントから交換した無料通行料金は首都高速を含めETC対応路線すべてで利用可能。関東在住で首都高速利用も多いのであれば、イオン E-NEXCO passを選んだ方がよいでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC利用で一番ポイント還元率が高いカードは?