交通違反の取り締まりを主な任務とする「交通機動隊」にはノルマがあるとよくいわれますが、本当にあるのしょうか。じつは交通機動隊には「目標件数」があります。これがいわゆるノルマです。新人だと月に100件の交通違反を取ることが目標といった具合。このため、月末は特に交通違反に注意が必要です。

目標件数達成で交通違反の取り締まり

交通機動隊の交通違反のノルマともいえるのが目標件数です。その目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので必死に守ろうとします。このため、月末は件数稼ぎで比較的ラクな交通違反が取り締まられます。

月末に取り締まりが増える代表的な交通違反が「黄色線での追い越し」です。元交通機動隊員によると「まずは片側一車線をゆっくり走って、黄色線で無理な追い越しをする運転手を取り締まります」といいます。

覆面パトカーを夜に駆り出して行うことが多いようですが、法定速度ギリギリかマイナス10km/hぐらいで走行すると、後ろに付いたクルマやバイクはイライラするもの。バイクが追い越していくケースが多いので、その瞬間に赤色灯を回して捕まえるそうです。

月末になって必死に交通違反を探す

次に多いのは、原付きバイクの「2段階右折」の交通違反。「大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待って、取り締まりの準備をします」。そのまま走り去られることも多いので、白バイを稼働して待機するそうです。

このほかに多い交通違反が「テールランプの電球切れ」などの「整備不良」の取り締まり。「テールランプの電球切れは意外にクルマを運転する方は気付いてないので注意してください。実際はバイクに多いんですけどね」といいます。

優秀な交通機動隊員は各自に“持ち場”があり、捕まえやすい交差点などを押さえています。そういう人は自分の持ち場を回って、1日で20件も交通違反を取って来るとか。しかし、そうではない交通機動隊員は月末になっても必死に交通違反の車を探しているわけです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「月末に交通違反の取り締まりが増える理由とは?