現在、日本の道路をパトロールする「白バイ」は、ホンダ車のシェアが圧倒的です。しかし、少数ではありますがヤマハ車の白バイも配備されています。世界を代表するオートバイメーカー2社で、白バイの装備はどんな違いがあるのでしょうか。また、白バイの値段はどれぐらいの差があるのでしょう。

ホンダの白バイはデジタルメーター

日本全国でもっともよく目にする白バイは、ホンダの「CB1300P」です。ベース車のCBR1300 Super Bold’orは2005年発売ですが、白バイに採用されたのは2009年からです。

白バイと市販車の違いは、後部座席部分の白いボックスとサイドバンパー。丸形メーターが特徴の市販車に対し、白バイはデジタルメーターを採用。速度取り締まり時に測定した速度は、付属のプリンターで印刷できる仕組みです。

白バイはもちろん、緊急走行に必要な赤色回転灯とサイレンアンプ・スピーカーも搭載しています。赤色回転灯は後部マストの上のほか、フロントカウル両脇にスピーカー一体型で各1個です。

ヤマハ白バイは一部アナログメーター

一方、ヤマハの白バイ「FJR1300AP」は同社のツアラーモデルFJR1300Aがベース車です。警察庁では2014年に30台を導入しています。そのほか、警視庁などが都道府県予算で採用しています。

白バイには警察庁が決めた仕様があるため、FJR1300APの基本装備はCB1300Pと変わりありません。とはいえ、細かな違いはあり、CB1300Pはフルデジタルメーターであるのに対し、FJR1300APの場合はエンジン回転数だけアナログメーターです。

それでは、白バイの主力モデルであるホンダと、最新モデルのヤマハで値段にどれほど違いがあるのでしょう。ベースの市販車では、FJR1300AP導入当時のFJR1300Aが142万円。それに対してCB 1300 Super Bold’orは約130万円と、12万円ほどの価格差があります。

ヤマハは現在も白バイを作り続ける

警察庁が30台のFJR1300APを購入した価格は約4880万円。1台当たりにすると約163万円です。同時期にCB1300Pも251台購入されていて、こちらの価格は約3億6200万円で、1台あたりを計算すると144万円となります。

なお、FJR1300APの場合、2014年に導入された警察庁分とその後に各都道府県警が購入したものでは、前部脇の赤色灯が変更されています。警察庁仕様では直方体型の点滅型でしたが、警視庁が導入したモデルではCB1300P同様のスピーカー一体形赤色回転灯です。

ベース車では約12万円だった価格差が、白バイでは約19万円に広がっていました。警察庁がFJR1300APを導入したのは2014年の1回ですが、ヤマハは現在もFJR1300APを作り続けています。今後、白バイでヤマハの巻き返しがあるのか目が離せません。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイ「ホンダvs.ヤマハ」値段どっちが高い?