AM/FMラジオ放送に加えて、ワンセグテレビ音声の受信にも対応したポータブルラジオがパナソニックの「RF-U180TV」。基本性能をバランス良くパッケージして、2018年9月に発売されました。ワンセグ音声の感度が良好なことや、音質設定の「快聴音」も実用的。ポータブルラジオの基本性能を追求した新型機なのです。

音質がすばらしいポータブルラジオ

パナソニックのポータブルラジオ「RF-U180TV」は、AM/FMラジオ放送とワンセグテレビ音声の受信に対応。デザインが落ち着いているので、地味な印象を受けますが、使ってみると「能ある鷹」であることがすぐに分かります。

何といっても音質がすばらしく、どこにもボトルネックが感じられません。普通は電源なり、アンプなり、製品のコンセプトに合わせたサイズやコストなどの仕様によって、何らかの制限を受けるものですが、RF-U180TVは、スピーカーが何のストレスもなく自然に鳴っている印象です。音にエネルギーを感じます。

スピーカー口径はソニーの「ICF-M780N」と同じ10cmですが、音質の差はごくわずか。むしろ「快聴音」をはじめとする音質設定がハマれば、RF-U180TVの方が好みという人も少なくないでしょう。

ワンセグ超高感度なポータブルラジオ

RF-U180TVの感度は抜群で、どの周波数に合わせても安心感があります。AM波はバーアンテナの切れ味が鋭く、FM波はロッドアンテナの角度や向きを変えても、アンテナがしっかりと電波をつかんでいる印象です。加えて、ワンセグ音声は超高感度といってもよいレベル。室内でも安定した受信が可能です。

操作がシンプルな上に、各ボタンやダイヤルが大きくて、確実な操作感が得られます。そしてAC直結で使えるなど、ポータブルラジオの基本性能を極めたRF-U180TVは、ICF-M780Nのライバル機です。

RF-U180TVの受信周波数はAMラジオ放送522~1629kHz(9kHzステップ)/FMラジオ放送76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)/ワンセグ音声13~52chです。サイズ/重さは235W×137H×73Dmm/1,000gで、電源は単2形乾電池×4本、AC100V内蔵電源、製造国はインドネシアとなっています。実勢価格は10,000円です。

【関連リンク】
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ワンセグ超高感度ポータブルラジオは音質も抜群