鉄道・航空機・バスなど乗りものを利用した移動手段のなかで、自分で運転してどこまでも行けるマイカーはもっとも自由度が高いといえます。そのカーライフをサポートするものとして、自動車メーカー各社は自社ブランドのクレジットカードを発行中。それらのカードはどんなメリットがあるのでしょう。

自動車メーカー各社がカードを発行中

日本の自動車メーカーは、いずれも自社ブランドのクレジットカードを発行しています。トヨタ・日産・三菱は自社系列会社がカード発行を行っていて、マツダ・ホンダなどの他メーカーはJCBなど提携先との共同発行です。なお、トヨタ系列であるダイハツはトヨタ系のカードになります。

こうした自動車メーカー系のクレジットカードは、ディーラーで新車を購入する際に勧められることも多く、系列カード払いにすると有利と考えている人もいるかもしれません、しかし、じつは新車購入時に全額カードで支払おうとすると断られるケースがほとんどなのです。

これは、本体価格に限ると国内メーカー車の利益率が低く、ディラー側がカード払いを認めてしまうと手数料負担が重くなってしまうため。ただし、全額でなければカード利用が可能なものもあり、例えばホンダの「Honda Cカード」は最大40万円まで新車代金の支払いに使えます。

自動車メーカー系カードでオイル交換

新車購入時のメリットが少ない自動車メーカー系のクレジットカードですが、そのメリットは購入後の整備や車検時に発揮されます。例えば、トヨタの「TS CUBIC CARD」であれば、トヨタ系ディーラーでの車検・整備費用が5%オフ。Honda Cカードであれば、車検・整備費用のポイントが2倍アップとなります。

スバルの「スバルカード」の特典は、年1回のエンジンオイル無料交換。エンジンオイルは最低でも1年に1度交換が必要で、これが無料になるのはありがたいところです。また、マツダの「MAZDA m’zPLUS CARD」には、追加で年825円支払うことで、ロードサービスが無料となるサービスも用意されています。

このように、新車をディーラーで購入し、ディーラーへメンテナンスをお願いし続けるドライバーとって、自動車メーカーの系列カードは有利なサービス内容です。とくに、6ヶ月点検や12ヶ月点検を真面目に行うなど、愛車を大切にするオーナーであればあるほど、おトク度が高いといえます。

逆に、新車はディーラーで購入するものの点検・整備は自分で行い車検もユーザー車検利用といった人では、自動車メーカー系カードのメリットは生きないことになります。専門ショップで社外品のサスペンションやマフラーなどを購入し、愛車をカスタムするオーナーも同様です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「自動車メーカー系クレジットカードの特典とは?