「Nシステム」とは警察が設置している車両ナンバー自動読み取り装置のこと。通過車両のナンバープレートなどをひたすら撮影し続けている、警察の監視カメラです。撮影されたデータは犯罪捜査で車両の追跡に利用されています。そんなNシステムをアプリで回避する方法を見ていきましょう。

Nシステムの撮影データで車両を追跡

Nシステムの正式名称は「自動車ナンバー自動読取装置」といいます。1986年に初導入されました。Nシステムは、路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラでナンバープレートを撮影します。ストロボとカメラがそれぞれ独立したものもあれば、一体型のタイプも存在。世代によって形状がさまざまです。

Nシステムが撮影したデータは、犯罪捜査で車両の追跡に利用されます。よく犯行に使われた車両の移動ルートがニュースで報道されたりしますが、これはNシステムの撮影データによって解析されたものです。

そんなNシステムを地図アプリを使って回避する方法を見ていきましょう。ここで利用するのは「Googleマップ」と「Guru Maps」。どちらもApp Store、Google Playで無料で入手できます。

全国のN端末の設置箇所情報を調査しGoogleマップにマッピングした「全国Nシステムマップ」は、地理情報を格納するKML/KMZのファイル形式(KMZはKMLの圧縮版)でデータをダウンロードできます。

Nシステムマップを地図アプリに表示

これを「Googleマップ」や「Guru Maps」(オフラインマップでパケット代が節約可能)に読み込ませると、目的地までのルート上にNシステム設置箇所を表示させられるようになるのです。

具体的には、Nシステムマップのプルダウンメニューから「KMLをダウンロード」を選択。「KMLネットワーク~」を選ぶと、容量の小さいKMZデータ(1KB以下)でダウンロードできます。

PC版Googleマップのマイプレイスから「地図を作成」を選択し、データをインポート。これで同期したGoogleマップアプリで利用できるようになります。Guru Mapsの場合は、メールに添付してスマホに送り、添付ファイルを長押しして「Guru Mapsにコピー」を選択してください。

Googleマップは今のところ、Nシステムマップ上でルート検索を行い、経路上にNシステムが無いかチェック可能。Guru Mapsの場合は、ナビ画面でもNシステムの場所を表示。ルート上にNシステムがあれば迂回して走行すればよいというわけです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ナンバー自動読み取り「Nシステム」アプリで回避