電子機器にはメーカーのサービスマンが修理などに利用する特殊なメニューが搭載されています。もちろん、スマホも例外ではありません。とくにAndroidには、端末の状態をチェックできる「サービスモード」が各メーカーに存在。Androidスマホでサービスモードを表示する隠しコマンドを見ていきましょう。

スマホの電話アプリで隠しコマンド

「iPhone」のサービスモードに入る隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*3001#12345#*」を入力して発信を押します。すると「Field Test」が表示されるのです。サービスモードでは、キャッチしている電波の状態、SIMの情報などを確認できます。

ソニーの「Xperia」の隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*#*#7378423#*#*」と入力。続いて発信ボタンをプッシュします。これで「Service」モードになるのです。

「Service info」から、IMEIや対応するバンドなどをチェックできます。このほか「*#06#」を入力するとIMEIを表示、「*#*#7465625#*#*」を入力するとSIMロックの確認が可能です。

サムスン電子の「Galaxy」の隠しコマンドは、Androidの電話アプリではなく、Galaxyの電話アプリを起動します。ここで「*#0*#」と入力すると、サービスモードに突入するのです。

スマホの隠しコマンドで動作チェック

サービスモードでは、タッチ切れや各種センサーの状態など、20項目以上テストできます。このほか「*#0011#」と入力して発信すると、回線状態を確認できます。

ASUSの「ZenFone」の隠しコマンドは、電卓アプリを起動して「.12345+=」と入力。すると「Single Test」モードに入ります。CPU使用率や加速度センサーなど、27項目の動作チェックが可能です。

ファーウェイの「P20Lite」などの隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*#*#2846579#*#*」と入力して発信。「ProjectMenu」が表示されてサービスモードとなります。バッテリーの残量・温度を確認したり、初期化などの操作が可能です。

このほか、Android端末に共通の「ファクトリーリセット」をする隠しコマンドもあります。Android端末の電源をオフにしたら電源ボタンと音量下ボタンを長押し。「リカバリーモード」から「ファクトリーリセット」が可能です。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホの状態をチェックできる隠しコマンド集