高速道路を料金所で停車することなく通過できる「ETCカード」は、クルマに取り付けられたETC車載器とセットで利用するもの。しかし、知人の車を借りて高速道路へ出かけたりして、ETC車載器がなくてETCカードが使えない場合はどうするのでしょう。じつは、車載器なしでもETCカードを使う方法があるのです。

ETCカードは使えても料金は現金扱い

ETCカードは、ETC車載器に挿入して高速道路料金の決済に利用します。ETC車載器は、出入口料金所や本線上に設けられたフリーフローアンテナと通信を行い、ETCカード番号と車種区分を送信。その情報と通過ルートを元に、後日ETCカード所有者へ通行料金が請求される仕組みです。

このように、ETCカードはETC車載器とセットで使うのが基本ですが、ETCカード番号と車種がわかれば、通行料金の請求自体はできそうです。じつは、ETC車載器なしの自動車で高速道路をETCカードで利用することは可能で、一般レーンに入りETCカードを係員に見せることで、通行券の発行や料金支払いを行えます。

ただし、ETCカードを手渡しで利用する場合、料金にETC料金が適用されず、現金と同じ料金となります。NEXCO3社路線であれば、ETC休日割引やETC深夜割引となる時間帯の走行も通常料金扱いで、首都高速・阪神高速の場合は利用可能な最大料金を支払うこととなるため、いずれも割高になるケースが増えます。

ETCカード挿し忘れは事情を説明する

それでは、ETC車載器自体は自動車に付いているのに故障していた、あるいはETC車載器の設置に失敗して動作しないといった理由で、ETCレーンのゲートが開かなかったケースはどうなるのでしょうか。この場合もETCカードで通行券発券や料金支払いができますが、現金利用と同じ通行料金になってしまいます。

一方、単にETCカードを挿入し忘れて入口料金所のゲートが開かなかったときは、ETC利用扱いにしてもらう方法があります。それは、料金所の係員に事情を説明してETCカードを手渡して手続きをしてもらうというもの。料金所によっては、この手続きを通行券の発券機から行えところもあります。

ただし、この場合もETCカードを挿入しないまま走行し続けると、ETC料金が適用されない恐れが出てきます。そこで、入口料金所ではETCカードの挿入を確認してから通過することが肝心。当然ですが、入口料金所ではなく出発前にETC車載器の動作チェックを行った方がよいでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速が半額以下「ETCコーポレートカード」作り方
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「車載器なし「ETCカード」だけで高速料金は払える