測定方式が光電式・レーダー式かを問わず、警察によるネズミ捕りはスピードの出やすい道路で、速度計測する「現認係」が隠れやすく、安全に違反車両を止めてサインさせるスペースがある場所で行われます。とはいえ、速度計測地点に待機する現認係はいつも道路脇に潜んでいるとは限らないのでした。

ネズミ捕りの警察官の配置を確認する

まずは「光電式」のネズミ捕りでの警察官の配置を確認していきましょう。車速は、道路脇に3m間隔で設置された2つのセンサーを、前輪のタイヤが横切る時間差から割り出します。

光電式は送受光器と反射器を道路に垂直に、正確に3m間隔で設置。仮に、3mを60km/hで通過すると180ms(1000分の180秒)、90km/hだと120ms(1000分の120秒)かかる計算です。現認係の警察官は、センサーの近くのドライバーから見えにくい場所で待機しています。

指定した速度よりも超過したスピードで車両が通過すると、速度測定器の警報音が鳴り速度が点滅表示。測定器の警報により、現認係は速度超過車両のナンバー・車種・色などを停止係に無線または有線で連絡するのです。

光電式のネズミ捕りの速度測定場所

こうして違反車両は停止係に止められ駐車スペースへ誘導されます。免許証と車検証を持ってサイン会場へ行くと、速度印字された紙を見せられて違反キップが切られるというわけです。

このように、光電式のネズミ捕りは現認係の真横で速度測定しているため、現認係に気づいてから速度を落とせば、違反せずに済む可能性は高いというわけ。また、路上に置かれたセンサーにバイクなどが衝突しないように置かれている三角コーンが目印になることもあります。

ただし、現認係が潜んでいるのは道路脇とは限りません。特に注意したいのが車線が左右に分岐した中央分離帯。ブリンカーライトと呼ばれる点滅灯の背後に潜んでいることもあるのです。

なお、レーダー式のネズミ捕りの場合、計測器と現認係の位置から数十m手前で速度が計測される仕組み。現認係の存在に気付いた時に減速しても、すでに手遅れというケースがほとんどです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ネズミ捕りの「速度計測」は道路脇とは限らない