YouTubeの広告は、動画の再生前に表示されるプレロール広告、6秒間のバンパー広告、視聴ウインドウ内に表示されるオーバーレイ広告などさまざま。YouTubeはとにかく広告が多いのが気になるところです。YouTubeの広告をPCでもスマホでも非表示にする方法を紹介しましょう。

YouTubeのあらゆる広告が非表示に

PCでの定番の広告ブロッカーである「Adblock Plus」は、YouTubeにも対応しています。ブラウザにこれをインストールしておくだけで、あらゆる広告が非表示になりスッキリ。PCでYouTubeを利用するなら必須です。

Adblock Plusはブラウザ拡張機能。ChromeウェブストアやFirefox ADD-ONSで、無料で入手可能です。ホーム画面の邪魔な広告枠もスッキリ。動画も広告なしですぐに再生できます。

スマホのブラウザからYouTubeにアクセスするなら「AdGuard」。YouTube上のあらゆる広告がブロックされます。ただし、YouTubeアプリに表示される広告には非対応です。

YouTubeの広告が非表示になるアプリ

AdGuardはApp Store、Google Playで入手できる、YouTubeの広告をすべてブロックできる無料アプリ。ブラウザから利用するため公式アプリに比べると使い勝手は落ちますが、有料のYouTubeプレミアムを契約せずとも広告が非表示になるのはうれしいポイントです。

このほか、改造版の非公式アプリ「YouTube Vanced」も広告ブロック機能を搭載。広告ブロック機能により、すべての広告が非表示になります。ちなみに、YouTube VancedはUIが本家YouTubeと同じなのもポイントです。

なお、設定には「YouTube Vanced」と、Googleアカウントのログイン用アプリ「MicroG」が必要です。また、YouTube Vancedのインストールには、インストラーアプリ「Split APKs Installer」を使います。(文/中谷 仁)

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「YouTubeの広告をPCでもスマホでも非表示にする